■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
介護者が知っておきたい医療的処置:在宅酸素療法
【介護者が知っておきたい医療的処置:

                在宅酸素療法】


医療依存度の高い利用者さんは、医療処置をしながら在宅で

生活を続けられる方は多くいらっしゃいます。

その中で、介護者も良く目にする「在宅酸素療法」をご紹介します。



[在宅酸素療法とは?]

在宅酸素療法は、略して「HOT(ホット)」と呼びます。

これは「Home Oxygen Therapy」の頭文字 をとっています。

HOTを利用される方は、比較的病状は安定されている方が、

医師の判断に基づいて、処置が在宅にて開始される事を言います。

HOTを利用されている方は、在宅だけで使用されるだけでなく、

簡易ボンベを利用し、外出の機会も増えてきていらっしゃいます。

街中で、小さなタンクを引っ張りながら、

鼻にチューブを入れて、歩いていたり、

自転車に乗っている方がいらっしゃいますよね。

これも一つのHOTで、このように簡易ボンベを利用して

外出の機会も、増えてきています。





[呼吸の働きとHOTを利用される方の病気]

HOTは、一般的に呼吸がスムーズに出来ない方が、使用されます。

呼吸がうまく出来ないと、体に十分な酸素を取り込めなかったり、

体で不要になった二酸化炭素を、体外に出す事が出来なくなったりします。

このように呼吸がずムーズに出来ない状態を「呼吸不全」と呼び、

病状が1カ月以上続く場合を「慢性呼吸不全」と呼びます。

病気としては、慢性閉塞性肺疾患(COPD)や肺結核の後遺症、間質性肺炎などです。





[在宅生活時における注意点]

①「火気厳禁」を徹底する

装置は、酸素を供給しているわけですから、火元が近くにあると

爆発する可能性があるからです。

ですので、在宅のヘルパーさんは、下記のような事に注意しましょう。

●器具の設置場所…直射日光が当たらないかを確認する

●暖房器具との距離…これから冬場になりますが、暖房器具と装置は、
             最低2mは、離して下さい。

●液体酸素装置の場合…近くに消火器を置き、定期的な換気が必要です。

●煙草は厳禁です



②管(カニューレ)にチェック

 酸素の管(カニューレ)をつけながら、屋内で生活を送るわけですから

 管が長いのと同時に、その管を椅子の足か何かで、踏んたり、

 管が、途中で折れ曲がっていて、酸素が供給できなかったと言う事故が

 起きています。

 その事故を防ぐためにも、設置されている方が動かれる場合は、

 ご本人と同時に管も確認しながら、動作をしてもらってください。



③器具の設定を勝手に変えない

 各種設定は、医師の指示に基づいて設定されています。

 時々、調子が良いからと言って酸素量を変えてみたり、

 HOTをしないで生活動作を行ったりされる方がいらっしゃいます。

 そんな時に対応するためにもヘルパーさんは、事業所や医療関係者と

 きちんと、確認や打ち合わせをしておきましょう。



④乾燥を防ぐ工夫を

 乾燥する事で、風邪をひき易くなったりします。

 しかし、呼吸不全の方は風邪は非常に怖いです。

 ですので、加湿器や濡れた洗濯物を部屋に干すなどして、

 乾燥を防ぐようにして下さい。

 但し、加湿器を置く場合は、HOTの器具と離した場所に置くようにしてください。



⑤利用者さんの体調観察

 HOTを利用されている方の中には、抵抗力や免疫力が低下している方も

 少なくありません。ですので、季節の変わり目の風邪をひきやすかったり、

 ベッド上で過ごす事が多い方は、床ずれが出来やすかったりします。
 
 ですので、体の観察は欠かさず行いましょう。



⑥掃除はこまめに、ていねいに

 呼吸疾患の方は、埃は大敵です。

 ですので、HOTを使用されていたり、HOTを使用されていない呼吸不全の方の

 掃除のケアに入る場合は、より隅々まで掃除をする必要があります。

 また、埃を出来るだけ立てないように、掃除をする工夫も併せて必要です。









テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

病気・けが・緊急時の対応 | 11:29:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
胃ろう設置についての参考HP
【胃ろう設置についての参考HP】

胃ろうを設置する方は、必要な栄養を口から摂る事が難しくなった方に

検討されるものです。


胃ろう設置を考える方(ご家族)は、その方の背景にある

病気や年齢などを考えた上で、選択をされる事と思います。


そんなご本人様やご家族の方の情報の一つに、下記のような

ホームページがありますので、ご参考になればと掲載しました。



●NPO法人 PEGドクターズネットワーク

 http://www.peg.or.jp/index.html



●NHK健康ホームページ

 http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/archives/2011/02/0214.html



●NPO法人 多摩胃ろうネットワーク

 http://www.tama-irount.com/

 *このホームページには、胃ろうに伴う合併症についても掲載されています。

 [トップページ]→[胃ろう情報]→[PEG増設に伴う合併症について]



●ナースの星 Q&Aオンライン

 http://www.nurse-star.jp/

 *このホームページは、看護師の質問に専門家が答えるサイトのため、
  説明には、専門用語も含まれています。







テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

病気・けが・緊急時の対応 | 10:46:44 | トラックバック(0) | コメント(2)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。