■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ケアされているご家族も受け入れる
【ケアされているご家族も受け入れる】

私がヘルパーだったころ、奥さまを介護されていた

ご主人について、今日は書いてみたいと思います。


ご夫婦(共に80代前半)二人の生活で、

奥さまは、脳梗塞で左上下肢に麻痺と軽度の認知症が

あり、介護度も高い方でした。

移動は、室内外車いすで、全ての生活活動において介助が必要な方でした。


ご主人は、奥さまに対して献身的に介護をされていましたが、

ご自身も糖尿病やその他の合併症があり、非常に疲れやすく、

思うように体が、動かない方でした。


その方の、モーニングケアとデイサービスの送り出しが仕事でした。


ご主人の性格は、非常に率直な方で、思った事をハッキリとおっしゃいます。

また、全ての事に対して「きっちり」されるご性分でした。


そのため、このご家庭で、正直、大変だったと思う事は、

全てにおいて「ご主人のケア方法で、ケアを行わなければならなかった」事でした。

そして、その方法でケアを行わなければ、

すぐに事務所にクレームが入る方でした。


例えば、おむつとパットの当て方でも、少々パットをたくさん使っても、

何枚もパットを重ねたり、

洋服の着脱も、かなり強引に引っ張られたり…そして脱いだ洋服は、

例え洗濯ものであっても、きっちりと畳んでから洗たく機の上に

きっちりと揃えて置かなければならない、等などでした。


ケアに入った当初、続けていけるだろうか?と、思いましたが

しばらくの期間ケアに入ると、そのご主人は一生懸命に奥さまを介助し

少しでも奥さまが「楽」であろうと言う方法を、ご主人なりに模索され、

その結果が、今の方法に至っている事が分かりました。


私がここで言いたい事は、ヘルパーさんは教室で習った事や

実際ヘルパーがする方が効率的で、利用者さんにも負担を

かけないという事が分かっていても、先ずは、ご家族がされいたケア全てを

受け入れる事が大切だと言う事です。



全てを受け入れて、そのケア方法を行うと、例えばこのケースでは、

ご主人がヘルパーを受け入れ、信頼関係が出来て、しいては

「(ご主人がヘルパーを)自分の味方だ!」と思って下さるのです。


そして、人間関係を構築していくと、今まで吐き出しにくかった心の内を

打ち明けられたり、ヘルパーのケア方法を認めて下さり、

ヘルパーの方法でケアをした方が、自分も楽であるという「受け入れ」

が出来るのです。


ヘルパーさんは、仕事に誇りを持っているからゆえに

「私はプロである」と言う意識が強い方が多いです。(自分もそうでした)


そして、その自分のケア方法を、ご家族にも

強要してしまいがちな方が、いらっしゃいます。



ですが、新しいご家庭のケアに入ると、

今までの「経験をゼロにする気持ち」が大事です。


ご家族は、長年介護をされてきて、利用者さんの身体的・精神的特徴を

熟知されています。

一方、ヘルパーさんは、その利用者さんには、初めて接するのですから、

特徴を知りません。


ですから、その利用者さんに合ったケア方法を、教授してもらうのです。



ヘルパーさんも、現場で色々と感じられる事は、たくさんあると思います。

ですが、残念ながら、ヘルパーさんは一日のうちの数時間しか、

在宅で介護をしません。

あくまでも、主介護者は、ご家族です。

そのご家族の気持ちを、受け入れる事も必要です。

ですので、ご家族様を受け入れる事が、

ヘルパーの心構えの大きな一つであると私は、思います。








テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

経験してきたこと | 00:26:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
胃ろう造設されたご利用者様のケア
【胃ろう造設されたご利用者様のケア】

最近、胃ろうの造設について様々な議論がなされていますが、

主治医から胃ろうの造設の説明を受けて、

初めて、胃ろうと言う言葉を知られた方や

胃ろう造設について、迷っていらっしゃる方など

沢山いらっしゃると思います。

今日は、私が在宅のヘルパーをしていた時に訪問していた

胃ろうを造設された方のエピソードを記してみたいと思います。

この記事を読んで、少しでも胃ろう造設の参考になればと思います。



[Aさん]

Aさん(女性70代)は、進行性核上性麻痺(*)と言う病気を

患っていらっしゃり、要介護度5の寝たきりの状態の方でした。

主な介護者は、ご主人で、献身的に介護をされていました。

この方には、入退院を繰り返されましたが、実質4年弱訪問しました。


ケアに入り始めた頃のケアは、食事介助、口腔ケア、排せつ介助、

そして、車いすでの外出介助(法律改正前)でした。


この時期のAさんは、何とか時間をかけながらも

ご自分の口から食事が、摂れる状態でしたが、

徐々に、食べ物がうまく喉を通らなかったり、

誤嚥性肺炎を起こされたり、また、その他の体の機能が低がり、

体力の低下が見られたため、胃ろうの造設をされることになりました。



ご主人も、胃ろう造設についてかなり様々に調べらた様子でしたが、

造設される決め手となったのが、Aさんは70代(前半)という年齢と

「誤嚥性肺炎を繰り返される」のが大きな理由だった様な気がします。


Aさんが罹っていらっしゃったこの病気は、喉の機能も低下するために、

話をする事が出来なくなったり、誤嚥を繰り返される事が多く見られました。

また、気管に入った食べ物を、咳払いをして食道や口に戻すと言う事が

難しい状態でもありました。




胃ろう造設後のAさんのケアは、

ベッド上での洗髪、全身清拭(体をふく)、口腔ケア(歯磨き)

排せつ介助(おむつ交換)などに変更になりました。

私たち介護職は、直接胃ろうに高カロリー液(以下:液)を

流し込む事が出来ませんが、

胃ろう造設部分の皮膚状態の観察は、行う事が出来ます。


その肌の状態や、液注入後のAさんの状態ですが、

Aさんは、肌が弱かったため、胃ろう造設部分の

皮膚が、赤くただれていらっしゃる事がよくありました。

見た目に、痒そうな感じでした。(あくまでも客観的に見た感じですが)


また、液注入後しばらく様子(ベッドの背もたれを上げて、30分以上)

を見ていないと、液が食道へ逆流し、口まで上がってくるとも

あるとご主人がおっしゃっていました。


私が、ケアに入る時間は、Aさんが液を注入されてから、

1時間後のケアでしたが、それでも、

口の中に液があるのを、見かけた事がありました。

そんな時、Aさんは何ともいえず気持ち悪そうな表情をされていました。




また、胃ろうは、定期的に設置した器具の交換をしなければなりませんが、

その器具をとりかえる度に、Aさんは発熱をされていました。




しかし、調子のいい時は、口からAさんのお好きなお汁粉を少し召し上がり、

その時は、何とも言えずおいしそうな表情をされていたのを

今でも覚えています。



*進行性核上性麻痺とは?(ウィキペディアより引用)
 進行性核上性麻痺(しんこうせいかくじょうせいまひ、
略称PSP (progressive supranuclear palsy))は、
視床下核、黒質など脳内の特定部位の神経細胞が減少することにより、
眼球運動障害(特に垂直方向)、歩行異常や姿勢異常(頭部や上半身の後屈)、
進行すると痴呆や嚥下困難などを起こす疾患。
特定疾患に指定されている。
パーキンソン病との鑑別が難しいことがある。




[同ブログ内関連記事]

【肺炎:誤嚥性肺炎】

【胃瘻(胃ろう)とは?】






テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

経験してきたこと | 00:07:13 | トラックバック(0) | コメント(2)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。