■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
新聞記事より:若年性認知症
朝日新聞 3/21(土)夕刊より

~記事より引用~

「若年性認知症

    40代後半では 10万人に27人」


65歳未満でアルツハイマー病などの認知症を発症した
「若年性認知症」の人が働き盛りの40代後半で10万人に27人の
割合でいるとの推計が厚生労働省研究班の調査で明らかになった。

 30代前半は同5.9人、30代後半は同8.9人、

 40代前半は同14.8人、40代後半は同27.1人、

 50代前半は同51.7人、50代後半は同115.1人、

 60代前半は同189.3人
で、年齢が上がるにつれて急増していた。

'06~'08年度に 茨城 ・ 群馬 ・ 富山 ・ 愛媛 ・ 熊本の5県で
認知症の人が利用すべての病院やグループホームなどを調べた。
18~64歳全体の全国推計は約3万7800人で10万人当たり47.6人が
若年性認知症という計算だ。




[若年性認知症とは?]

若年性認知症とは、65歳未満の人の認知症のことをいいます。

一般的に「認知症」は、高齢者の方がかかる病気 という認識が、一般的です。

そのため、若年性認知症には、一般の高齢発症の

認知症とは違った問題も生じています。


 ・年齢が若いため認知症とは考えられず、確定診断に時間がかかる

 ・うつ病などと誤診される

 ・職場では、ボーとしていて、単に怠けていると誤解される

 ・働き盛りのため、収入が途絶える

 ・介護する家族の体調不良




また、若年性痴呆症は「アルツハイマー病」ではなく、

大脳の前頭葉側頭葉部分的に萎縮する

「ピック病」(参照:【認知症の種類】)といわれる人が多いのも特徴です。


~同ブログ関連記事~
・認知症関連症状 【「せん妄」って何?】
・認知症について 【家族や周りの人の気づき】






テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

認知症 | 12:00:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。