■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
福祉用具のいろいろ
【進化する福祉用具】


先日、ケアマネージャー研修の一環で

「福祉用具の研修会」に行ってきました。


丸一日の研修でしたが、新しい福祉用具があり、

色々体験させてもらいました。



その中で、いくつか気になる商品がありましたので、ちょっとご紹介を…。



[気になる福祉用具]

(1)起き上がり補助具

布団敷きで寝ている方の、離床動作(起き上がり動作)を助ける補助用具。

これは、畳のお部屋に布団を敷いて寝ていらっしゃる方が

起き上がりがしやすいような商品でした。

※使用時は、布団の下に敷いて使います。

背もたれの傾斜が、最大70度まで上がるので、

無理のない座り姿勢(座位)も、とれると思いました。





上記と併用する事で、転倒防止になるなと思った「手すり」もありました。

これは、低い所からの立ち上がりに便利な離床支援用手すりです。







(2)車いすのいろいろ

 市場に出ている車いすって、何種類くらいあると思いますか?

昨日の研修で知ったんですが「900種以上」もあるそうです。

その中から、利用者さんの身体状況家屋状況などを見て

どの車いすがベストかを考えなければなりません。


難しいですよね。  だから…

紹介する側のケアマネージャーなどが新しい情報を

集め、日々情報集をしなければならないと痛感しました。


紹介された 車いすと関連商品をご紹介。

・6輪車輪の車いす

通常の車いすは、車輪が「前輪(別名:キャスター)」と「後輪」の

4個ですが、昨日は、後輪の後ろに小さな車輪が付いている

計6個車輪が付いている車いすが展示されていました。

この車いすのメリットは、小回りが利きやすいという事

日本の家屋特有の 車いす だという事です。






・車いす用クッション

長時間車いすに座っていらっしゃる方は、おしり(座骨)が痛くなったり、

お尻に床ずれ(参照:【床ずれ(褥瘡)を予防するには?】)が出来たりします。


以前は、床ずれ予防や床ずれができてしまったら「円座」と呼ばれる

モノを使っていました。しかし、現在円座はあまり使いません。

それは、使用すると体の状態によっては、床ずれを作ってしまったり、

出来ている床ずれを広げてしまう可能性があるからです。



現在は、車いすを使用されている方の床ずれ予防は、

下記に紹介するような「お座布団型」クッションを使われています。

車いす用のクッションも、多種多様です。

使用される方の、状態に合わせて選んでくださいね。






・階段移動用リフト

エレベーターのないマンションや、玄関アプローチまでに数段の階段がある方等

が使用されると便利な商品。

今まで、車いすで階段の昇降をされるときは、数名で車いすを持ち上げて

介助するのが一般的でした。

ですが、この福祉用具を使用する事で、一人での介助も可能になりました。

※1階分移動するのにかかる所要時間は、大体1分くらいだそうです。

 ◎階段移動用リフト(ナブテスコ㈱)
  http://welfare.nabtesco.com/kd.htm

※この商品は、介護保険レンタル対象商品だそうです。





[2009年4月~新しく介護保険から給付される福祉用具]

次の福祉用具は、2009年4月に介護保険から

給付される項目に追加されると言う事です。

◎貸与(レンタル)品目…3品目
         ・起き上がり補助装置
         ・階段移動用リフト
         ・離床センサー(認知症などの人が使用する)

◎購入品目…2品目
      ・入浴用介助ベルト
      ・自動排泄処理装置



また、福祉用具などの質問は「財団法人テクノエイド協会」に、

問い合わせても良い!とも、聞きました。

◎テクノエイド協会
http://www.techno-aids.or.jp/





[最後に…]

福祉用具を使いたいな…と思っても、

すぐに購入の決定を、しないで下さいね。


それは、介護保険が使える商品もたくさんありますし、

また、使用される方の(小柄な方や、大柄な方)や

体の状態(麻痺のある方、長時間座る事が出来ないなど)に、

あわせなければならないためです。


なので、福祉用具の導入をお考えの時は、

担当のケアマネージャーさん(参照:【ケアマネージャー(介護支援専門員)とは?】)や

最寄りの地域包括支援センター(参照:【地域包括支援センターとは?】)などに

ご相談くださいね。



使用される方の体に合った、商品を選択して、

快適な生活を、送って下さいね。






テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

福祉用具 | 00:26:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。