■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
お尻を洗う:陰部洗浄
【おしりを洗う(陰部洗浄)】

私たち介護者は、おつむを交換する時や、

ポータブルトイレで排泄をされた後に、

温かいお湯で、陰部を洗う事をよくします。



これは、清潔を保ち、床ずれ(褥瘡:じょくそう)

防止の効果
もあるからなんです。



では、どのような方法で行うのでしょうか?




~ポータブルトイレに座っての陰部洗浄編~

[準備物]

 ・交換用の下着(リハビリパンツやおむつなど)

 ・尿とりパット

 ・ボトルに入ったお湯(40度前後)

 ・介護用ゴム手袋(ディスポグローブともいいます)

 ・タオル数枚

 ・バスタオル


 その他、必要に応じて準備してください。





[手順]

①声かけをして、ポータブルトイレに誘導


②ポータブルトイレで、排泄をしていただく


③足を軽く開いていただき、ボトルに入ったお湯を 陰部 に軽くかける


 この時、湯の勢いが強すぎないように注意してください。


④陰部や肛門周りをトイレットペーパーやタオルなどで軽く拭く

 この時、床ずれ(褥瘡:じょくそう)や傷など

 体に、変化がないか注意深く、観察をする。


⑤下着、着衣を履いていただく


⑥居間などに誘導し、水分を補給していただく





[注意]

・室温に注意してください
  →特に冬場

・羞恥心へ配慮する
 →部屋を閉め、膝にバスタオルなどを掛ける

・発疹や皮膚に異常かないか観察をしながらする





[便利グッズ]

陰部洗浄時に役立つのは、

陰部洗浄用のボトル(シャワーボトルとも言う)




これは、介護ショップなどで市販もされていますが、

家庭にあるもので”代役”は、務まります。


例えば…
 ・洗剤の空き容器(大きめの方が良い)
 ・空きペットボトル(素材の柔らかい物の方がよい)



 これらを使用する際は、必ずよく洗ってからご使用を!


 また、ペットボトルを使用する際は、蓋をして、

 その蓋に、キリで穴を数個あけて使うと、簡易シャワーボトル完成です!



~同ブログの関連記事~
 【おむつの交換Ⅰ】






テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

トイレ(排泄) | 00:08:43 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
ためになります。
こんにちは。
私は昨年、ヘルパー2級の講習を受けて、この春から特養で働く予定でいます!4月からの勤務なのですが、介護の仕事は初めてなのでとても不安です。
こちらのブログを拝見していたら、排泄に関すること、食事の事、
その他たくさんの情報が詰まっていたので長居させていただきました!講習で習ったことでも忘れてしまっている事もあったりして・・・(汗)。読んでいて、とても為になりました。
また、遊びに・・じゃなくて勉強しにきます!!
2009-03-14 土 00:28:11 | URL | ami [編集]
ありがとうございます
amiさんへ

訪問&コメントありがとうございました。

嬉しいコメントをいただいて、恐縮ですv-356
勉強と言わず、どんどん、遊びに来て下さい!

そうやって読んでいただける方が、一人でもいらっしゃると思うと、
頑張ってe-271記事をアップしようと思い、ブログの張り合いにもなります。e-266ありがとうございます。


昨年、ヘルパー2級の資格を取得されたとの事。
同じ仲間が増えた事、とっても嬉しいですv-315

だけど、ヘルパー講習終わった後、介護技術のことなど不安になりますよね…
(私は、在宅のヘルパー&ヘルパー2級講座の講師もしているんですが…)
今日も、ある科目の授業を担当していて、受講生の中で、「授業が終わっても、技術が身に付いてるかどうか不安です…」って、あちら・こちらでおっしゃっていました。

受講される方は、そうですよね。私も講座が終わった後ってすごく不安でした。

だけど、介護技術の向上は…ズバリ「ケアの回数をする事」に、つきます。
ケア自体は、10人の利用者さんがいらっしゃったら、10通りのケアがあるんですもん!

ですが、ちょっぴり介護の先輩として…ケアに臨む時は、利用者さんの気持ちを汲んで、あたって下さいね。
どうしても、時間や業務に追われると、介護者の仕事のしやすいように、やってしまいがちになります。

だけど、そこには、利用者さんの「気持ち」が伴わないと、良いケアができません。もしも、時間がない時などは、言葉かけでフォローしてくださいね。

そうして、真摯にケアにあたっていると、利用者さんはきっとわかって下さり、とてもよいケアができると思いますv-411


一方で…肩の力を抜いて、頑張りすぎないケアをお願いします。
もちろん、真面目にする事は大切ですが、ですが、頑張りすぎて自分の出来る範囲のこと以上に、仕事を受けると、自分がパンクしてしまいます。

細~く、長~く、そして、利用者さんの「笑顔」のために、一緒に介護の世界で頑張りましょうね。


差し出がましい事を長々と書いて、すみませんでした。


私も、ami さんのブログにお邪魔しますね。
これからも、よろしくお願いいたします。
2009-03-14 土 21:14:37 | URL | ケアウェル [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。