■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
お風呂に入る:入浴介助(全身)
【お風呂に入る:入浴介助全身)】

入浴は、体を清潔に保つだけでなく、

全身の血行を良くして、精神的な安定を与えます。

入浴を楽しみにされている、利用者さんも多くいらっしゃいます。



入浴は、良い効果もたくさんある一方で、

危険を伴う介助である事も念頭において、

利用者さんが最も「安全で安心」して入浴が

できるように介助してくださいね。





~自宅での入浴介助、麻痺のない方編~


[入浴前の準備]

利用者さんの 体調 を確認する


 入浴が安全に「できるか」「できないか」の判断を

 するためにも、体調確認はきちんと行ってください。

 特に「血圧」と「体温」は、入浴可否の判断材料になります。

 ・血圧測定
 ・体温測定
 ・顔色
 ・気分の有無
 など


 ※ただし、入浴前の血圧・体温の測定は、

 測る方と、測らない方がいらっしゃいます。

 確認をして、ケアにあたってください。



浴室内の準備

 ・湯温…40度前後に設定。

 ・浴室内や脱衣所の温度確認(室温)
  →特に冬場の急な温度変化は、血圧を急激に
   上げることにもなるので、配慮して下さいね。

 福祉用具のチェック
  →滑り止めマットはきちんとセットされているか?
   シャワーチェアーや浴槽内の椅子に不具合はないか?
   手すりは安定しているか  など



物品の準備

 ・着替え、下着類(オムツや尿とりパットなども含む)

 ・脱衣所の椅子

 ・バスタオルや浴用タオル


※①~③以外にも、必要な物品などは、漏れる事無く準備して下さいね。





[手順]

声かけをする

 どんな時でも、第一に「声かけ」を行ってくださいね。

 また、必要の応じてトイレもすましておきましょう


利用者さんを脱衣所まで誘導し、脱衣します

 脱衣所に椅子を準備し、そこに腰をかけて、

 安定した状態で、脱衣をしてもらってください。



浴室内誘導

 段差があったり、床が滑るので、注意が必要です。



シャワーチェアーなどに、腰をかけてもらい

 足もとにシャワーをかけて、湯温を確認してもらう


 シャワーをかける順番は、足元から全身にかけ、

 陰部も洗い流します。



浴槽に入り体を温める

 浴槽内は、浮力があり不安定になりがちなので、

 安定して座れるように介助します。

 この時、滑り止めマットなどを浴槽内に

 敷いておくと、滑らずに安定します。



浴槽から出て、頭や体を洗う

 ・洗髪:地肌を洗うようにします。

 ・洗体:末梢から中枢にかけて洗うようにします。

 この時、シャンプーなどの泡が、床に残らないよう、

 体を流した後は、床もしっかりと流して下さい。

 泡は、滑るので最も危険です。



浴槽につかる

 浴槽内では、筋肉がほぐれるので、

 手足の曲げ伸ばしなどの軽い運動を、

 行ってもいいと思います。

 しかし、その際は利用者さんの顔色など

 変化がないか、注意深く観察しながら行ってください。



浴槽から出て、上がり湯をかけ

 浴室内であらかじめタオルで体を拭き、脱衣所に出る




椅子に座って、体を再度拭き、着衣をする



居間などに戻り、体調の確認をすぐに行う

 この時に、再度、血圧測定を行ってもいいでしょう。



水分補給を十分していただき、休憩していただく

 この時介助者は、変化がないか注意深く様子を見る

※ただし、水分制限のある方は、この限りではありません。





[注意事項]

・麻痺のある方への介助は、麻痺のある側に注意をしてください。

・入浴中も体調の変化に、配慮して下さい。

・介助を行う際は、会話をすることを心掛けましょう。

・利用者さんが、できる事はできるだけ、自分で行っていただきましょう。

・利用者さんの疲労や羞恥心などに配慮して、介助をしてくださいね。






[最後に…]

入浴を、楽しみにされる方が多い一方で、

かたくなに入浴を、拒否される方も少なくありません。


介護者は、拒否をされている方に無理やり

入浴していただくのではなく、


「なぜ、この方は拒否されているのか?」の、理由を探り、

その方が、気持よく入浴できるように誘導するのも、

介護者の仕事です。



強い拒否のある方は、いきなり入浴から始めるのではなく、

 ・体を拭く(参照:【上半身を拭く】 【下半身を拭く】

 ・手浴(参照:【手を温める(手浴)】

 ・足浴(参照:【足を温める(足浴)】


など ゆっくり、その方のペースに合わせて、

介助するのも一つの方法ですよ。





入浴は、お一人お一人習慣が違いますので、

その方の習慣に即した介助を、心掛けるようにしてくださいね。







テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

お風呂(全身入浴・部分浴) | 11:36:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。