■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
認知症の種類を知る  「前頭側頭型認知症」とは?
【認知症の種類を知る

        「前頭側頭型認知症」とは?】



近年、認知症の研修が進み認知症と一言でいっても

様々な原因疾患に分かれます。

今日は、その中の一つ「前頭側頭型認知症」について

記していきます。



[前頭側頭型認知症とは?]

前頭側頭型認知症とは、脳の前方部分の「前頭葉」と「側頭葉」の障害が

目立つ脳疾患のことです。

その種類下記のは、3つの病気に分類されます。

 ①前頭側頭型認知症…行動の障害が強く出る

 ②意味性認知症…言葉と行動の障害の両方が強く出る

 ③進行性非流暢性失語…言葉の障害が強く出る


そして、これら3つを総称して「前頭側頭葉変性症」と言います。





[症状]

この病気の初期には、脳の後方部分の障害は受けていないので、

物忘れ、空間の把握等の機能低下は目立たず、幻視・妄想などもほとんどありません。

しかし、脳の前方に障害を受けるため、下記のような症状が出てきます。

 ・性格の変化(温厚な人が急に怒り出したり、暴力をふるったりする)

 ・社会性の低下(他者を無視したり、バカにしたりする)

 ・人格や行動の変化によって社会生活に支障をきたす
  (他人のものを無断でとってきたり、陳列されている商品を勝手に持ってくる)
 
 ・身だしなみに無頓着

 ・落ち着きがない


また、この病気の発症年齢が比較的若く、若年性認知症の一つとされています。

ただし、若年以外の方でも、発症する事はあります。





[もし、おかしいなと思ったら…]

ご家族や周りの人が「いつもと違う…」「何かがおかしい…」と感じた場合、

出来るだけ早く、専門医に診てもらう事をお勧めします。

最近は 「物忘れ外来」 となど言う名称で、

インターネットでも調べられますので、一度調べてみてはいかがでしょうか?



しかし、なかなか初期の方を病院に納得してもらって行くのは難しいです。

そこで、例えば健康診断の一環やご夫婦で受診をしたりして、

始めの一歩が、出来る限りスムーズに流れるようにする工夫が必要だと思います。



また、いきなり専門医に出向く事が難しいケースもあると思いますので、

各自治体で行っている、相談所(地域包括視線センターなど)などで

最初に家族の方が、行って相談する方法もありますよ。







テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

認知症 | 11:59:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。