■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
入浴後の保温を保つために
【入浴後の保温を保つために】

前回は、入浴時の工夫を記しましたが、

今回は、温まった体の温もりを保つための

工夫やグッズなどをご紹介します。


[髪の毛を乾かす時の工夫]

入浴後に、髪をドライヤーなどで乾かすと思いますが、

先ずは 「地肌」 から乾かす事をお勧めします。

髪よりも、頭皮側がぬれていると、体が早く冷えてしまいます。

そこで、ドライヤーで乾かす時は、髪をかき上げて、

地肌に温風が当たるようにします。

しかし、ここで注意!

同じ所に温風を当てすぎると、火傷してしまう可能性もありますので、

まんべんなく、温風が当たるようにしてください。

そして、地肌が乾いた後に、髪先を乾かすようにしてください。




[入浴剤の工夫]

入浴剤を上手に取り入れると、

お風呂上りの体の保温状態を、少しでも長く保つ事が出来ます。

また、入浴剤の成分によっては、保湿効果のあるものあり、

肌の潤いも保て、冬の乾燥のかゆみを少しでも防ぐ事が

出来る可能性もあります。

また、ベッド上での足浴などを行う時、少し入浴剤を入れて

行っても体が温まりますよ。







ただし、肌の弱い方などは入浴剤を使う事で、

状態を悪化させてしまう可能性もありますので、

導入の際は、慎重にしてくださいね。




[靴下の重ね履きやレッグウオーマーの着用]

以前、上下の片まひの方の入浴介助を行っていた時に、

この方は、入浴後の靴下を着用する際は、必ず2枚の靴下を

重ね履きされていました。

1枚は、5本指の分かれている靴下で、もう1枚は厚手のものでした。

5本指に分かれている事で、足の指の拘縮を防ぐのと同時に、

足の指を動かしやすい感じがするとのことでした。








また、別の利用者さんは、レッグウオーマーを活用する事で、

足首から先の足先の冷えが、少し改善したともおっしゃっていました。

この時着用する、レッグウオーマーは、ゴムの弱い、

足を締め付けないものの方が、良いともおっしゃっていました。











テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

お風呂(全身入浴・部分浴) | 10:28:10 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
参考になります
私はグループホーム勤務で、基本重度の人は入居しません。
拘縮予防のために、五本指、勉強になります。
2011-12-06 火 13:09:53 | URL | まっつ [編集]
Re: 参考になります
まっつさんへ

グループホームで、勤務されているんですね。

私の情報で、少しお役に立てたようで、良かったです。

私も、自分の経験からしか書けないのですが、
個々人の高齢者の方にとって、
何が、必要かの見極めが大切かつ大変ですよね。

この仕事も経験すればするほど、難しいなぁと痛感します。

どうぞ、まっつさんもお体を大切に、仕事に臨んでくださいね。
2011-12-09 金 10:36:27 | URL | ケアウェル [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。