■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
救急車を呼ぶ時に知っておくと便利な事
【救急車を呼ぶ時に知っておくと便利な事】

先日、消防署主催の「救急車の呼び方」と言う

講演会へ行ってきました。

その時に、知っておいた方が良いと思う事がいくつかあったので、

今回は、記事にしてみました。


[救急車の呼び方]

〈到着するまで〉

1、119番に電話をかける。

2、電話の交換手に電話が通じたら「火事ですか? 救急ですか?」と

  質問されますので「救急です」と伝えます。

3、電話の交換手が、その場の状況(注意①)や住所(注意②)などを質問します。 
  
  個人宅への要請は、消防車が到着しやすいように、目印になるような

  場所等を電話口で伝えておくと良いです。

4、救急車を要請している人(電話では話している者)の氏名と電話番号を伝える。

5、救急車が到着するまでは、搬送が必要な人の対応をします。

  その対応とは…
  
  ●意識などがない方…心肺蘇生などを行う
 
  ●意識のある方…安心できるような声かけをする
          その方が楽である姿勢にする(安楽な姿勢)

 そして、上記の処置を行いながらも、次のものを準備したり、

 ご家族や、ヘルパーさんなら所属する会社に連絡をとると良いでしょう。

 {準備物}
  ●その人の健康保険証
  ●履物
  ●お金(同乗者等の帰りの交通費)


6、搬送が必要な人の安全を確保した後、救急音が聞こえてきたら、

  外に出て、救急車を誘導する。


〈到着後〉
 
7、救急隊員が到着後、それまでの時間の経緯と行った処置を伝える。

8、搬送が必要な方の持病が分かれば、伝える。

9、救急隊員に同行(同乗)を求められた場合は、その指示に従いましょう。

  但し、ヘルパーさんなど次の仕事がある場合は、所属する会社との連絡も

  きちんと取り合いましょう。



『注意』

①状況などを質問された時は、その場の状況を冷静に伝え、指示を仰ぎます。

 ・救急搬送が必要な人の名前、年齢、性別

 ・いつどの様な変化があったか→出来れば「時系列」で説明できると良いです。
  (例)意識の有無、呼吸の有無、いつどのような場所で発見したなど


 ・救急搬送が必要な人に行った事(処置)
  (例)心肺蘇生、止血、火傷の処置、骨折の場合その場所を固定したなど

 ・処置が分からなければ、その際に行った方が良い事などを聞く



②自宅の電話の横には、次のような事を書いたメモを置いておくと有効です。

 ・氏名、年齢、性別…出来れば、その家に暮らす家族全員のモノを記す

 ・住所…郵便番号から正確に記しておく

 ・電話番号…家の電話番号だけでなく、携帯電話も書いておく

 ・その家族の人が服用している薬や持病を書く

  


[知っておいた方が良いポイント]

●車いすは、警察に預かってもらう
 
 屋外で、救急搬送が必要になった際、

 その方が、もし電動車いすなどを使っていらっしゃる場合、

 救急車に電動車いすを乗せる事が出来ない場合があります。

 そんな場合は、警察官を要請し、預かってもらうと良いでしょう。

 その時は必ず、依頼した人の連絡先などを警察官に

 伝えておくことも、忘れないようにしましょう。



●電話の横にはメモを書いておく

 注意②にも記載しましたが、救急車を要請する時は、

 普段の精神状態(すなわち落ち着いている事)でいる事が難しいです。

 ですので、そんな時のために、電話の横に『注意②』で書いた様な事を

 メモしておくだけで、安心して救急に伝えられます。



●救急車を要請するまでの出来ごとメモしておく

 救急隊が到着後に、状況を説明しなければなりません。

 しかし、ここでも慌てていては、的確にそこまで行った処置などを

 伝える事が出来ませんので、時系列に行った事などを、メモしておくと

 良いでしょう。







テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

病気・けが・緊急時の対応 | 00:41:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。