■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
介護者が知っておきたい尿失禁の種類
【介護者が知っておきたい尿失禁の種類】

介護の仕事についている私達は、排泄の介助のケアに

あたる事も少なくありません。

その際、利用者さんが尿失禁をされるケースがあると思いますが、

その尿失禁にも種類がある事を知り、適切なケアにつなげていく必要があります。



[尿失禁の種類]



●腹圧性尿失禁(フクアツセイニョウシッキン)

 お腹に力が入った時に尿が漏れてしまう事。

 咳やくしゃみをした時や笑ったり、重い物を持ちあげたりした時に起こる。

 この腹圧性尿失禁は、女性に多くみられる。



●切迫性尿失禁(セッパクセイニョウシッキン)

 尿を我慢できなくなったり、トイレまで間に合わない事。
 
 主な原因として、膀胱括約筋のゆるみ、急性膀胱炎など。
 
 トイレに誘導中にトイレの前で失禁してしまうのがこのケース。
 
 そのため、トイレ誘導は余裕を持って行ってください。



●溢流性尿失禁(イツリュウセイニョウシッキン)

 尿閉により膀胱にたまった尿が、圧力によってダラダラとあふれてくる様に

 漏れ出してくる事。

 前立腺肥大症等が原因となり、男性に多くみられる。



●機能性尿失禁(キノウセイニョウシッキン)

 排尿の機能には問題がないが、脳血管障害などで麻痺のような身体障害や

 認知症などで、排泄の動作が適切に行う事が出来ない事を言う。



●反射性尿失禁(ハンシャセイニョウシッキン)

 脊髄損傷等のために、本人の意思とは関係なく、膀胱が反射的に収縮し

 尿が出てしまう事。




これらの尿失禁の中で、高齢者に多くみられる失禁は、
「切迫性尿失禁」「溢流性尿失禁」「機能性尿失禁」が挙げられます。


また、これらの名称は介護福祉士や介護支援専門員(ケアマネージャー)の

試験でも出る可能性があるので、それらの試験を目指す方は、

名称と内容を覚えておくと良いですよ。







テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

トイレ(排泄) | 00:23:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。