■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
本の紹介:平穏死について(再び)
【再びの紹介「平穏死について」】

以前に紹介した本を、今回読んでみました。


その本は「平穏死のすすめ」(著者石飛 幸三)です。

この著者は、特別養護老人ホーム 芦花ホームの医師です。


その施設医師の立場から見た、高齢者施設で起こっている事が

中心に書かれています。



一般的に、高齢者の方が特養などのホームに入所されたら、

その入所されたホームで、最期を迎えられると思いがちですが、

最後は、搬送された病院で亡くなられるケースが多い事などや

その理由が、記されています。


また、この著書は、様々なケース(エピソード)が記されているので、

胃ろうの造設を考えていらっしゃる方の参考になると思います。


字も大きく専門用語もあまり書かれていないので、

(専門用語が書かれていても、注釈がついていました)

誰でもが手に取りやすくなっています。



胃ろうを設置する可能性があるようなご家族がいらっしゃる方、

現在胃ろう造設に迷っている方、

介護職に従事しているみなさん、

そして、お医者様にも

是非、読んでいただきたい1冊だと思いました。



高齢者の方の最後を、どのように迎えたらいいのかを

改めて考える、良いきっかけになる1冊でした。



「平穏死」のすすめ 口から食べられなくなったらどうしますか「平穏死」のすすめ 口から食べられなくなったらどうしますか
(2010/02/09)
石飛 幸三

商品詳細を見る








テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

本の紹介 | 00:49:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。