■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2011現在 介護関連資格の今後の動向
【2011現在 介護関連資格の今後の動向】


平成23年1月20日、厚生労働省の

「今後の介護人材養成の在り方に関する検討会」において、

介護福祉士養成の在り方や介護人材養成の今後について、

「今後の介護人材養成の在り方について」(報告書)がとりまとめられました。




これらが検討された背景としては、

●高齢者の進展や世帯構造の変化

●質の高い介護サービスを安定的に提供していくためには、
 介護人材の安定的確保・質的向上が不可欠


と言う事です。




[検討会での報告書の概要]

1、介護人材の養成体系を整理

①今後のキャリアパスは、

「初任者研修修了者 → 介護福祉士 → 認定介護福祉士」を基本とする。

⇒ 簡素でわかりやすいものとし、介護の世界で生涯
  働き続けることができるという展望を持てるようにする。




②現在のホームヘルパー2級を「初任者研修(仮称)」と位置付け。
  介護職員基礎研修は、実務者研修の施行に合わせて、実務者研修に一本化。

⇒ 初任者研修は、在宅・施設を問わず、介護職として働く上で
  基本となる知識・技術を修得する研修とする。




③実務者研修は、以下のように見直し。
(注)19年法改正により、国家試験を受験する実務経験者に義務付けられた研修

 ア 研修時間は450時間

 ⇒ 実務者研修の目標は、幅広い利用者に対する基本的な介護提供能力の修得。
   また、研修を通じて、今後の制度改正や新たな課題・技術・知見を
   自ら把握できる能力の獲得を期待。
   一方、実務者研修に負担感を持つ者も多い現状を踏まえ、
   現場職員の意欲を減退させない配慮も必要であること等から、
   研修目標は維持しつつ、時間数を見直し。
   (19年法改正時は600時間を想定)



 イ 働きながらでも研修を受講しやすい環境を整備

 ⇒ 通信教育の活用、身近な地域で研修を受講できるための環境整備、
   過去に受講した研修(ホームヘルパー2級等)を
   読み替える仕組み、受講費用の支援等



 ウ 施行を3年間延期(平成24→27年度)

 ⇒ 実務者研修の見直し、介護福祉士による
   たんの吸引等の実施等に伴い、施行時期を延期
    (平成28年1月予定の試験から適用)




④介護福祉士養成施設卒業者に対する国家試験の義務付けの施行を3年間延期
 (平成24→27年度)

⇒ 19年法改正の趣旨(資格取得方法の統一化)や、
  介護福祉士によるたんの吸引等の実施に向けた養成カリキュラムの
  検討が必要であること等を勘案し、施行時期を延期。
  (平成28年1月予定の試験から適用)




⑤介護福祉士資格取得者がステップアップできるよう、
 認定介護福祉士(仮称)の仕組みづくりを進める。

⇒ 資格取得後一定の実務経験を経て、
  幅広い知識・技術を身に付け、質の高い介護を行い、
  他の現場職員を指導できるレベルに達した介護福祉士を
  職能団体が主役となって認定。
  今後、職能団体が主役となって、具体化に向けた検討。





2、介護職員に占める介護福祉士の割合の目安を提示(当面5割以上)

⇒ 利用者に対する質の高いサービスの提供と
  介護人材の確保という二つの目的を両立させていく観点から、
  当面5割以上を目安とする。






[新しいキャリアパスの考え方]

●初任者研修者(ホームヘルパー2級研修相当)

  在宅、施設で働く上で必要となる基本的な知識・技術を修得し、
  指示を受けながら、介護業務を実践

        ↓

●介護福祉士
  利用者の状態像に応じた介護や他職種との連携などを
  行うための幅広い領域の知識
  技術を修得し、的確な介護を実践

        ↓
 
●認定介護福祉士(仮称)
  ・多様な生活障害を持つ利用者に質の高い介護を実践
  ・介護技術の指導や職種間連携のキーパーソンとなり、チームケアの質を改善





詳細については、下記の厚生労働省ホームページをご覧ください。

 今後の介護人材養成の在り方について(概要)
 




今後、どの様に変更が加えられるかは、現在のところ不明ですが、

現状においての考え方ですので、ご参考になさってくださいね。

また、この内容が変更される事もありますので、注意が必要です。








テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

介護の資格、仕事内容 | 00:03:48 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-07-21 木 23:08:08 | | [編集]
Re: はじめまして。ブログ拝見しました。
3パパ 様

お忙しい中、ご訪問&コメントありがとうございました。

頂いたコメントが丁寧で温かくて、ブログを続けてきて良かった~と思う瞬間でした。

コメントを拝見していて、3パパさんはこのお仕事に
情熱・愛情・厳しさなどを持って臨まれているのが、
一語一語より伝わってきました。

介護の世界は、未熟で、発展途上だと思います。
その中でより高いレベルを目指すためにも、
介護の世界で働く方々の意識・技術が向上すべきだと思います。

これを目指す事で、利用者さん・利用者さんのご家族、
そして、そこで働く人たちの幸せにつながると、私は思います。
(偉そ~な事言ってスミマセン)

私も、お気に入り登録させていただきましたので、ご確認くださいね。

私のブログはまだまだで、もっと皆さんのお役にたてるブログにしなければ…
と思っております。


今年の夏も暑さが厳しいですので、
どうぞご自愛くださいませ!

ありがとうございました。
2011-07-22 金 10:09:43 | URL | ケアウェル [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。