■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
介護保険料納付の種類
【介護保険料納付の種類】

先日、祖母たちの介護保険料(納付)の書類をみた時に思った事です。

祖母たちは、ここ2~3年色々な家の事情があり

介護保険料の金額が、変動していました。


そのたびに、普通徴収や特別徴収になり、

それも、年度途中でコロコロと変わるので、

よくわからない様子でした。

(払わないとといけないモノだ!という意識だけは、
 しっかりと持っていますが…)



各年度によって、納付者側の状況が変わるため、

徴収側の市区町村も、苦慮されているとは思いますが、

今の方法では、高齢者には、本当に分かりにくいものです。

まだ、若い人と暮らしている高齢者の方は、その人たちに説明をしてもらったり、

納付などしてもらえるかもしれませんが、おひとり暮らしの方などは、

本当に難しい方法だと思います。

これでは、高齢者の方がきちんと理解し、

納得して支払う事が出来ないと思います。


もう少し簡素化されないのか?と率直に思いました。

しくみ自体、何とかなりませんかね?





介護保険の納付方法には、2つあります。

1、特別徴収

 →年金からの天引きで、引き落としになる方法

 

  年金の年額が18万円以上の人。

  老齢基礎年金、厚生年金などの老齢(退職)年金のほか、

  遺族年金、障害年金なども対象
 


2、普通徴収

 →納付書が送付され、直接市区町村に納付する方法



  対象は、年金が年額18万円未満の方。

  この普通徴収は、納め忘れがないよう、

  口座振替を推進する市区町村が多いようです。

  口座振替を希望する方は、

  ①市区町村から届いた納付書

  ②通帳
 
  ③印鑑

  ①~③を持参して、口座のある金融機関、又は、

  郵便局の窓口で申し込んでください。

  申込書は、各金融機関の窓口に備え付けてあります。







テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

介護保険制度、内容、手続き | 00:05:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。