■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
介護保険 認定調査で心掛けている事
【介護保険 認定調査で心掛けている事】


ケアマネの仕事の中に、介護保険の認定調査もあります。


認定調査とは、介護保険を申請したり、

更新した入りする時に必ず、行う調査の事。


H24年の介護保険改定に向けて、この認定調査への提言をしている

団体も多く見受けられます。


しかし、今は現状の調査項目で調査を、行わなければならないのですが、

訪問調査をしていると、様々な家庭を垣間見ます。


独居老人、老々介護、家族介護などなど。

また、その中で生活している人の考え方も、

「100軒(家)あれば、100通りの考え方があるなぁ~」と思います。



その中で最近、増えているなぁと感じるのが、初期の認知症の方。

初期の認知症の方は、自分の変化に気付き、戸惑っている方が多くみられる。

また、同居している家族の方も、その変化に戸惑っていらっしゃいます。

現在の認定調査項目では、この方達に出る介護度は、

要支援や自立の判断が多いです。

どうしても、自分で出来る事が多くなっているためです。

しかし、実情はそう簡単ではなく、ここが難しい所だと思います。




しかし、どんな家庭や施設に行く時でも私は、

次のような事を心がけたり、工夫しながら調査をやっています。


●出来る限り、本人や家族の言葉を聞き入れる。
 (聞き役に徹する)


●聞きにくい事でも、ハッキリと聞く。
 
 気を遣いすぎた言い回しにすると、かえって意図が伝わらいため、
 
 結構ストレートに聞きます。

 そんな時「非常に聞きにくい事を伺いますが、正しく伺うために、

 答えて下さいね。だけど、万が一御嫌だったらお答え頂かなくても大丈夫ですよ」

 と、言うと今まで答えたくないとおっしゃった方は一人もいらっしゃいません。

 (私が、聞きにくい内容と思うのは、排泄や認知関連の項目です。)


●質問する際は、少しゆっくり目の低い声を心がけます。


●介護保険の訪問調査自体を、嫌がる高齢者も少なくないです。

 ご家族から、事前にそんな相談をされたら、私は、 

 「区の健康調査で、各家庭全て回っているんですよ」と言ってから、

 調査を行います。
 
 そして、本人の聞き取り調査が終わった後、家族にも

 本人が言っている事と、実際の生活の中での違いを聞きます。


●施設入所の方は、必ず本人の聞き取りの後に、

 施設の相談員さんに確認の調査をします。




こんな感じで、調査をやってます。

もちろん、礼節・時間厳守は、言うまでもありませんがね…。


私が訪問した方の、意思・意図を出来る限り汲み取る事が

出来るように、心掛けています。







テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

ひとりごと | 00:03:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。