■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
レビー小体型認知症とは?
【レビー小体型認知症とは?】

少し前までの「認知症」と言えば

「脳血管型認知症」と「アルツハイマー型認知症」の2を

指す事が多かったのですが、最近はそこに

「レビー小体型認知症」が加わり、

「3大認知症」と、呼ばれるようになってきました。

では、一体レビー小体型認知症とは、どんな認知症なのでしょうか?



[どんな認知症か?]

レビー小体型認知症は、まだ歴史は浅く1976年ごろに発見され、

わが国では、現在、約50万人の患者さんがいると推計されています。

レビー小体は、異常なたんぱく質が脳の神経細胞内にたまったもので、

主に脳幹(のうかん)に現れると、パーキンソン病になり、

さらに大脳皮質(だいのうひしつ)にまで広くおよぶと、

レビー小体型認知症)になります。

原因が、今のところ十分に分かっていないのが現状です。





[特徴的な症状]

レビー小体型認知症には、特徴的にあらわれる症状があります。


1、初期の頃より幻覚、特に幻視がみられます。

  幻視とは、実際には存在していないものが

  あたかもそこにあるように見える症状で、

  例えば「虫が家じゅうを這っている」や

  「知らない人がたくさん家の中に入ってくる」などです。

  また、この幻視に伴って、妄想(もうそう)や異常な行動が、

  あらわれる事もあります。



2、日や時間帯によって症状に変動があります。

  正常に思えるとき(頭がはっきりしている状態)と、

  様子がおかしいとき(ボーっとしている状態)が、

  入れ替わり、そして、繰返しみられます。

  また、日によって症状が良かったり、悪かったりすることも特徴です。



3、レビー小体型認知症の一つの大きな特徴の一つに、

  パーキンソン症状が、出現する事が多く見られます。

  パーキンソン症状とは、手足や筋肉のこわばり、動きの鈍さ、

  小股で歩行、無表情など、身体的症状を言います。

  そして、その症状が元で、転倒の危険性が高いです。





[レビー小体型認知症とアルツハイマー型認知症の違い]

      レビー小体型認知症      アルツハイマー型認知症
 

(初期症状)   幻視             もの忘れ
          妄想
          うつ

(主な症状)   認知障害          認知障害
          パーキンソン症状

(記憶障害)   比較的軽い         記憶障害が主症状で、
                          徐々に進行する

(特徴的な症状) 幻視            物盗られ妄想、徘個、異食
           認知の変動
           睡眠時の異常行動



但し、ここに記したもの全てが、当てはまるという訳ではありません。

その方の状態状況によって全て違うので、

このアルツハイマー型認知症との対比は、参考程度になさってください。





[周りは、どのように接したり対応すればいいか?]

(病院での診断前)

家族や周りの人が、ご本人の変化に気付く事が多いです。

ですので、何か変化があった時は、早期に専門医にかかる事を

おすすめします。

また、専門病院などが分からない時は、各自治体の高齢者の相談窓口や

各地域に設置されている「地域包括支援センター」等に相談されるのも

一つです。


(病院にて診断された際)

先にも書きましたが、レビー小体型認知症の特徴である幻視は、

実際に存在しなくても、本人には本当に見えているため「現実」なのです。

そこで、周りの家族や介護者が「錯覚です」「そんなものありません・いません」

などと否定するよりも、本人の言葉を受け入れて、

安心させることを第一に考えて、対処するのがよいでしょう。

また、パーキンソン症状によって、転倒などを起こしやすくなるので、

転倒事故防止のために、家の中の環境を整えることも必要です。




[同ブログ内参考記事]

【認知症の種類】

【「せん妄」って何?】

【「認知症」と「物忘れ」の違い】

【日本で唯一のアルツハイマー型認知症の薬:アリセプト】

【「認知症の人と家族の会」のご紹介】







テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

認知症 | 00:01:46 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
認知症
認知症について教えていただきありがとうございます。

本を読んだり、ブログを探していましたが、

詳しい紹介は助かります。
2011-02-15 火 20:38:16 | URL | 本のソムリエ [編集]
Re: 認知症
本のソムリエ様へ

ご訪問&コメントありがとうございます。

認知症について、私もまだまだ勉強の途中です。
今後、勉強してきた情報などを、
アップさせていただきたいと思います。

「このブログに来てよかった」と思っていただけるように
努力して参りたいと思います。
また、お時間のある時にお越しくださいませ。

ありがとうございました。
2011-02-15 火 22:28:04 | URL | ケアウェル [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。