■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
寒さから守る体づくりを
【寒さから守る体づくりを】

新年を迎え、新しい年が始まりました。

今年も1年、どうぞよろしくお願いいたします。



さて、年も明けましたが、1月以降は、寒さが厳しくなる時期ですよね。

風邪やインフルエンザが、流行のピークを迎えます。

高齢者の方は、風邪などから肺炎を、引き起こす可能性がありますので、

風邪をひかない、体づくりをする必要があります。


また、風邪とは別に、急激な気温の変化で

気をつけなければならいのが「血圧」です。

血圧は、急な温度変化で上がったりしますので、注意が必要です。


では、それぞれの予防はどうすればいいのでしょうか?

[風邪予防]

①体を冷やさないために服装への配慮を

 :首、手首、足首を温めるだけでも温かさが違います

 :汗でぬれた下着は、こまめに取り換える

 :腹巻などお腹を温める(最近、腹巻に注目が集まってます)

 :5本指の靴下の着用(この靴下は、意外と温かいです)



②体を動かす

 この時期、温かい部屋で、じっとしている…なんて事が多いと思いますが、

 少しでも体を動かす事で、血液循環が良くなり、体が温まりますよ。

 例えば、テレビを見ている時に、手首や足首を回すと、

 末梢の血液循環が良くなるので、ポカポカしてきますよ。

 また、椅子に座っている時に少し足の上げ下げをしたり、

 背伸びを普段より多くしたり…

 意外と座っていても、体を動かす事は出来ますよ!

 だけど…出来るモノなら、ストレッチやラジオ体操などをして、

 動いてみてくださいね。
 


③体を温める食事の摂取

 体を温める食材の代表格は何と言っても「生姜」でしょうね。

 私は、買ってきた生姜をそのまま冷凍し、冷凍のまますりおろして、

 味噌汁、ホットミルク、紅茶などに入れて摂るようにしています。

 冷凍しておくと、すりおろした時に、繊維が出ないので、扱いやすいです。

 また、体を温める食材には次のようなものがあります。
  ●穀類・いも類…もち米、ふ、ライ麦

  ●砂糖・甘味類…黒砂糖、水あめ

  ●油脂類・種実類…ごま油、くるみ、松の実、栗

  ●肉・魚・大豆製品・乳製品…納豆、あじ、さば、いわし、ふぐ、えび、鯛、
                かつお、たら、ぶり、うなぎ、羊肉、鹿肉、チーズ

  ●野菜類・藻類…玉ねぎ、にら、にんにく、ねぎ、かぶ、南瓜、ごぼう、大根、しし唐

  ●果物…桃、さくろ、きんかん、なつめ

  ●嗜好飲料類…日本酒などのアルコール、紅茶、ココア、中国茶、ハーブ茶

  ●調味料…からし、みそ、胡椒、さんしょう、唐辛子



④手洗いうがい

 これは、いついかなる時でも言われている事ですが、

 あえてここでも…。

 外から帰ったら、手洗いうがいを徹底して下さいね。

 また、手洗いはさっと流水で流すだけでなく、石けんをつけて、
 
 指の細部まで洗って下さいね。

 手の洗い方の参考として「感染症の予防には、手洗いうがいが効果的
 
 をご覧くださいね。

 あと、余談ですが、歯磨きをする時に、舌やほっぺたの側を磨くと

 より効果的ですよ。



⑤居間や寝室の乾燥を防ぐ
 
 部屋の乾燥により、のどがイガイガしたり、痛くなります。

 加湿するなら、加湿器!と、思ってもすぐに購入できないですよね。

 そこで、簡単な方法を。

 それは、洗濯物を部屋につるすのです。

 見栄えが良くないので、全て干すのではなく、タオルだけ干すなどするだけで、

 部屋の乾燥を、かなり防ぐ事が出来ます。 





[血圧変動の予防]

血圧は、気温の変動で、大きく上下します。

そして、急に血圧が上がると、脳梗塞などを

引き起こしてしまうリスクが、あります。


冬場の温度変化が、大きいところを挙げてみると…

 ・風呂場の脱衣所

 ・トイレ

 ・廊下  

などが、思い浮かびますよね。


もちろん、家の全館暖房が理想的ですが、もちろんそんな事は出来ません。

そこで、例えば風呂の脱衣所は、

風呂に入る前に、浴槽のふたを開けておき、

蒸気を脱衣所まで送ることで、温まります。

また、トイレは小さな温風機を一つ設置して、夜の間だけでもスイッチを

オンにする事をお勧めします。

これは、布団の中で温まった体温を、トイレで急激に下げてしまう事を

避けるためです。



様々な工夫をしながら、寒い冬場を乗り越えて下さいね。






テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

介護のアイディア・参考 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。