■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
物忘れ外来とは?
【物忘れ外来とは?】

最近、大きな病院では「物忘れ外来」などと言う「科」を

設置しているところがあります。

何だろう?と思う方も多いはず。

では、一体、どんな診療するを「科」なのでしょうか?


[物忘れ外来とは?]

「(物事を)忘れっぽくなったなぁ~」という想いを持つのは

誰でも感じることです。

でも、それを単純に「歳だから仕方がない」と、

決めつけてはいけませんか?


しかし、一言に物忘れと言っても

正常に年齢を重ねて(加齢)出る物忘れと、

病気(認知症など)が、背景となって出てくる症状(病気の初期症状)

とがあります。


物忘れ外来は、症状が年齢によるものなのか、

病気によるものなのかどうかを診断し、

そして診断結果に応じて、治療や対応をしてくれます。

また、症状に応じた内科的・外科的治療や薬物治療、

そして、状態によっては、施設への入居や

介護保険のアドバイスや、各機関への橋渡しなどを

行ってくれる場合もあります。




[どんなタイミングで行けばいいのか?]

こんな症状を感じていたら、一度ご相談してみてください。

〈ご本人の気付き〉

 ●ものの名前が思い出せない。

 ●しまい忘れや置き忘れがある。

 ●財布、クレジットカード、保険証など、大事なものを失くすようになった。


〈ご家族の気付き〉

 ●時間や場所の感覚が不確かになってきた。

 ●何度も同じことを言ったり、尋ねたりする。

 ●慣れている場所で道に迷った。

 ●薬の管理ができなくなった。

 ●以前好きだったことや、趣味に対して興味が薄れた。

 ●鍋をこがしたり、水道の閉め忘れが目立つようになった。

 ●料理のレパートリーが減り同じ料理ばかり作るようになった。

 ●以前より怒りっぽくなった。
 
 ●財布を盗まれたといって騒ぐことがある。

 ●映画やドラマを理解できない。(ストーリーを覚えていられない)



これらの症状は、ご本人よりご家族の方が早く気付きます。

ご本人は、気付いていても「疲れているせい」「歳のせいだから」と、

病気であるかもしれない症状を、認めたくないケースも少なくなく、

それが理由で、病気であるにも関わらず、病気に気付く事が出来ず、

処置が遅れてしまう…と、いう事も少なくありません。




また、一般的に「物忘れ」と言うと「認知症」と連想してしまいがちですが、

背景にある病気は、認知症だけとは限らず、うつ病やノイローゼなどかも

しれません。

正しい判断をしなければ、正しい処置は出来ませんので、

決して自己判断ではなく、医療機関にかかった上で、

判断し、処置をしてもらって下さいね。



なお、物忘れ外来などを設置している外来を探す際には、

自治体の「地域包括支援センター」や区・市役所などに

相談すると良いですよ。


[同ブログ内関連記事]

【地域包括支援センターとは?】

【介護…最初の相談窓口】






テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

病気・けが・緊急時の対応 | 10:21:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。