■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
歯ブラシの選び方のポイント
【歯ブラシの選び方のポイント】

先日、訪問診療の歯科医師による

「高齢者の口腔ケア」についての講座を聞きに行ってきました。


その際、歯ブラシの選び方のポイントがあったので、

今回は、それを書いてみます。



[歯ブラシの選び方]

歯を磨く時、自分の歯の状態にあった歯ブラシを選択しないと、

いくら丁寧に磨いていても、その効果が出にくいと云われます。

では、どのような歯ブラシを選択すればいいのでしょうか?



●ブラシは、まっすぐ平らのもの

 最近、山切りカットなどの歯ブラシが多く出回っていますが、

山切りカットのブラシは、歯と歯ぐきの間を磨く時は、効果的ですが

前歯や奥歯など歯だけを磨く時に、山切りの谷の部分が歯に当たらず、

磨き残しが、出てくる確率が高いのです。

そのため、歯ブラシのヘッドは平らな普通の歯ブラシの方が

磨き残しが少ないのです。






●ブラシの固さは、ふつう~やわらかいものがよい

 歯磨きをする際、私たちは結構な力を入れて磨いています。

歯磨きをする際の力の入れ方は、歯ブラシで桃の表面を傷をつけないように

こする程度の力の入れ方で良いのです。

力を抜いて歯を磨く方が、ブラシが良く動き、歯や歯と歯ぐきの間まで

ブラシの先が届くのです。

と言うものの、普段の習慣はなかなか変えられません。

そのため、歯ブラシの硬さを柔らかくすることで、

効果的な歯磨きが出来ます。




●動物の毛よりもビニール製のブラシを

 口の中は、雑菌が多数います。

(だ液1mlの中に数十億の雑菌が、含まれているんです!)

雑菌は、湿気のあるところでの繁殖力が高いのです。そして、動物の毛で

出来たブラシは、ビニール製のブラシに比べ、ブラシの渇きが遅いのです。

すなわち、雑菌の温床になりやすいのです。

また、動物の毛で出来た歯ブラシは、ヘッドが大きく磨き残しも多く見られます。




●ブラシのヘッドの大きさはやや小さめを

 大きい方が「早く」「良く」磨けると、思ってしまいがちなのですが、

実は「良く」は磨けないのです。

小さな歯に、大きなブラシが当たると「隙間」が出来て、せっかく行った

歯磨きの効果が小さいのです。








テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

歯を磨く(口腔ケア) | 00:35:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。