■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
腰痛:すべり症
【腰痛:すべり症】


実は、私、前回の記事を書いた後に、腰痛が出始め

しばらくすると治るだろう…と、様子を見ていましたが

一向に改善せず、通院しました。

レントゲンを撮り、一応骨には異常がなかったものの、

医者より「もう少しひどくなったら、すべり症になりますよ」

と言われました。



「ん?すべり症ってなんだ?」と思い、調べてみると

いろんな事が分かってきました。


今回はこのすべり症について、書いてみたいと思います。



[腰のすべり症とは?]

「背骨の下の骨に対して、

上の椎体が前方へずれる(すべる)状態の事」をいいます。


言い変えると「腰椎の慢性的な歪み」です。

腰椎を支える「筋肉」「靭帯」「椎間板」等の組織が

加齢や歪んだ生活習慣によってその「柔軟性」「強度」などを

徐々に失ってしまい、少しずつ、少しずつ腰椎が「主に前方へと」

滑っていってしまう現象となります。


腰椎すべり症の「痛み」「重だるさ」の原因は

「神経圧迫」と「筋疲労」です。

「神経圧迫」は滑った腰椎が特定の姿勢を取った際に

脊髄に触れたりして神経痛が起こり、慢性的な「重だるさ」を

もたらしてしまったりするケースが多いです。





[見過ごさないで、早目の治療を!]

腰椎すべり症は、放置すると他の痛みに発展することがあります。

例えば、坐骨神経痛に発展するケースが多い「腰痛症状」です。

それは、腰椎すべり症によって前方へと滑った椎骨が

脊椎から伸びる坐骨神経を、圧迫してしまう事によって

坐骨神経痛が起こってしまうのです。

ですので、この場合の治療には、坐骨神経の圧迫を取り除く為に、

まず「滑り」を起こしている腰椎を元の場所へ戻す事が必要になります。


また、そのほかにも「脊柱管狭窄症」を起こし、

「間欠跛行(かんけつはこう)*」という歩行障害を起こしてしまいます。

 *間欠跛行とは、歩行などで下肢に負荷をかけると、
 次第に下肢の疼痛・しびれ・冷えを感じ、一時休息することにより
 症状が軽減し、再び運動が可能となることです。





[すべり症の対応・生活上で気をつけること]

①まずは安静で筋肉を休める
 
 何といっても腰痛は「静養」が大事。体がSOSを出している証拠です。
 
 ですが、介護職に就いている方はなかなかお休みがとれないのも現実ですよね。

 ですので、仕事が終わった後は少しでもじっとする時間を持つ事をお勧めします。



②患部をリラックスさせる

 私も病院で言われましたが、まず冷やさないことが大切と言われました。

これから夏に向かって素足になったり、

お風呂もシャワーで済ませることが多くなりますが、

靴下をはいたり、お湯につかる事をお勧めします。

 ・お風呂
 ・濡れタオル(レンジでチンが楽)
 ・家庭用マッサージ器
 ・自分の手で揉む



③「今現在」の状況を病院/治療院にて明らかにして、治療をする

 痛みがある時は、通院をしてキチンと判断してもらい、湿布薬や

痛み止めを処方してもらいましょう。

勝手な自己判断は、腰痛を長引かせてしまいますよ。



④予防も欠かさない

 腰痛の原因の一つに、普段の姿勢が大きく影響します。

ですので、病院などで正しい姿勢などのアドバイスを受け、

それを意識して生活を送りましょう。

また、お風呂上りのストレッチも効果がありますよ。

ただし、ストレッチも無理に行わないでくださいね。





また、介護を行っている方や、介護職の方は

介護の現場では、どしても無理な姿勢でのケアが

多いと思いますが、ボディメカニクスを十分に活用して、

ケア(介助)に臨んでくださいね。

[ボディメカニクスの原理原則]

 ①支持基底面積を広くする

 ②重心の位置を低くする

 ③持ち上げるのではなく、水平に移動

 ④重心を近づける

 ⑤てこの原理を使う

 ⑥利用者の身体を小さくまとめる

 ⑦大きな筋群を使う


〈同ブログ内参考記事〉
ボディメカニクスについて、詳しく書いていますので、
こちらも参考にしてみて下さいね。
腰痛予防:ボディメカニクスの活用







テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

病気・けが・緊急時の対応 | 00:26:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。