■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
利用者さんの能力の見つけ方=残存能力
【利用者さんの能力の見つけ方=残存能力】

ヘルパーをしていると、利用者さんが出来ないことや

困っていることを助けてあげなければ…と思ってしまい、

利用者さんが時間がかかっても出来ることであっても

ついつい手が先に出て、行動が先走る事がありますよね。


もちろん、ヘルパーさんは利用者さんが出来ないところを

お手伝いすると言う大きな目的があります。



しかし、一方で、利用者さんが出来ることまでヘルパーさんが

やってしまっている事はないでしょうか?


私たちヘルパーは、利用者さんが「出来る能力」や「残された能力」を

見つけることも、大きな仕事の一つです。


では、どんなところにポイントを置けばいいのでしょうか?

少し例をあげてみましょう。

[観察例]

 ・洋服を着る時、第一ボタンはご自分で止められないかもしれないけれど、

 第2ボタン以降は、お手伝いすると自分で出来そうだな。


 ・調理の際、実際に切ったり、盛りつけたりする事は出来ないかもしれないけれど、

 味見をしてもらったり、調理の方法を伺うと、教えて下さることは出来そうだな。


 ・買い物はいけないかもしれないけれど、買ってきた食材や日用品の

 片づけは出来そうだな。


などなど、挙げるといくらでも出てきます。



私たちヘルパーは、利用者さんの残されている「能力」

これを「残存能力」と云いますが、これを見つけ出し、

その能力を使いながら利用者さんが「出来ること」を増やすことで

会話を増やすことが出来たり、その方の自信の回復を

図ることだってできます。


これは、認知症をお持ちの方にでも十分出来る事です。


これらを利用者さんの残存能力を見つけ出すためにも

ヘルパーさんは利用者さんの

特徴…特に出来ること・出来ないことを見極める「観察眼」が必要です。



ヘルパーさんの心構えは、「目配り・気配り・心配り」です。

利用者さん自身で出来ることを、増やすことが優しさだと思います。







テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

生活支援のお仕事 | 00:24:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。