■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
介護従事者が知っておきたい病気:パーキンソン病
【介護従事者が知っておきたい病気

              :パーキンソン病】



介護の現場で働いていると、様々なご病気を持っていらっしゃる方の

ケアにあたります。私もヘルパーとして、様々な方のケアに伺い、

世の中には様々な病気がある事を知りました。


今回、記事にする「パーキンソン病」に、かかっていらっしゃる方の

ケアもさせていただきました。




[パーキンソン病とは?]

主に40歳から50歳以降に発症し、ゆっくりと進行する

原因不明の「神経変性疾患」です。

神経伝達物質の一つである「ドーパミン」が、減少する事で

起こると考えられています。高齢化社会を迎えるわが国では、

今後、ますます患者数は増えると予想されています。

パーキンソン病は50歳、60歳代で発病することが多いのですが、

70歳代以上の高齢で発病する方も、稀ではありません。






[パーキンソン病の4大症状]

1、手足のふるえ(振戦:しんせん)


2、筋肉が硬くなる(固縮:こしゅく)


3、動作が遅く・鈍くなる(寡動、無動)


4、前かがみの姿勢で、小刻みな歩行(姿勢・歩行障害)


※この4大症状は、ケアマネージャー・介護福祉士などの試験で
出題される可能性があります。


その他に、便秘や立ちくらみ(起立性低血圧)などの自律神経症状、

睡眠障害、気持ちがふさぎこむ(抑うつ)などの精神症状が認められます。



代表的な運動症状としては…

●何も動いていない時にふるえる(安静時振戦:あんせいじしんせん)

●表情が乏しく(仮面様顔貌:かめんようがんぼう)抑揚の無い声になる

●関節が硬く引っ掛かりを持つ(歯車様固縮)

●立ち姿が少し前屈みで歩き方が小刻みである

●歩く際に手を振らない、歩き始めや途中ですくむと次の一歩がなかなか出ない

●すくんでも音や線をまたぐなどをきっかけに良くなる

●身体がどちらかに傾く

●字が小さくなる
       などです。


精神症状としては…

●気持ちの落ち込み

●意欲・自発性の低下

●夜間の不眠

●認知の問題
      など

その他 様々な症状が出てきます。






[パーキンソン病の重症度分類]

パーキンソン病では、次のような重症度の分類をしています。

Ⅰ度:症状が片方の手足のみ
   機能障害はないか、あっても軽微


Ⅱ度:症状が両方の手足に見られる
   日常生活、職業は多少の障害はあるが可能


Ⅲ度:姿勢反射や歩行の障害が加わる
   活動は制限さえるが、自力で生活は可能

Ⅳ度:起立、歩行は可能だが非常に不安定、介助が必要となる
   自力のみの生活は困難


Ⅴ度:車椅子使用か、ほとんど寝たきり






[ケアにあたる時の注意事項]

冒頭にも書きましたが、パーキンソン病を患っていらっしゃる方のケア

にあたる事は、身体介護をする上で必ずと言っていいほどあると思います。

その時、気をつけていただきたいと思うポイントを挙げてみました。


●担当するご利用者様の状態、重症度を確認する。

 →どんな事が出来るか?出来ないか(してはならないか?)



●転倒など危険を防止する

 →歩行できる方ならば、バランスを崩されて、

  転倒される危険性がありますので、注意が必要です。



●ご利用者様の意思を尊重して

 →パーキンソン病にかかった方は、必ずご自分の意思をお持ちです

 (もちろん、他の病気でも同じですが…)

 ですが、体の調子で動きが良かったり悪かったりします。

 そんな時、すぐにやって差し上げるというのではなく、

 その方が「今、何を望まれ、どうして欲しいのか?」

 という、コミュニケーションをきちんととるようにしてくださいね。






担当するご利用者様に「安心・安全」を届けてくださいね。







テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

病気・けが・緊急時の対応 | 21:52:41 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
いつも読み逃げすみません。
ショートステイで働く介護福祉士です。

ためになるブログに出会えて喜んでいます。

療養型から退院させられる方の受け皿になっており、医療依存の高い利用者が毎日入れ替わり、日々アンテナを伸ばし勉強しながら試行錯誤しております。

心に手をあてながら頑張ります。

いつもよい情報をありがとうございます。
2009-07-11 土 15:46:15 | URL | はな [編集]
Re: いつも読み逃げすみません。
はな さんへ

訪問&コメントありがとうございました。


> ショートステイで働く介護福祉士です。

この4月からケアマネとして働き始め、ショートステイ先の
職員の方には、いつもお世話になり、感謝しております。
この場をお借りして、ありがとうございます。


> ためになるブログに出会えて喜んでいます。

ハズカシイです…恐縮です。


> 療養型から退院させられる方の受け皿になっており、医療依存の高い利用者が毎日入れ替わり、日々アンテナを伸ばし勉強しながら試行錯誤しております。

今後、ますます医療依存度の高いご利用者様が、在宅にも帰ってこられます。
ですので、改めて病気を知らなければならないと思い、再度調べて、それを
掲載させていただいています。
介護の仕事は、勉強が尽きる事のない仕事です…。


> 心に手をあてながら頑張ります。

とても、温かいお言葉ですね。
私も、ご利用者様のお心・お気持ちに添える事が出来るような、
ケアマネを目指したいです。


細々とですが、このブログをできる限り続けていきたいと思います。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
2009-07-12 日 14:39:50 | URL | ケアウェル [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。