■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
介護福祉士:過去問題で出題形式に慣れる
【介護福祉士:過去問題で慣れる事も大事】

13科目ある介護福祉士の試験対策の一つに

「過去問題を解く」方法があります。



もちろん、どなたも「過去問題」も、解かれると思いますが、

過去問題を使う時に、工夫が必要だと思ったことがあったので、

今回は、それを記事にしたいと思います。




(1)時間を計って問題を解く

過去問題を用いて、時間に慣れる事が大切です。

特に、介護福祉士の試験は長丁場ですので、

試験前には、時間を計って問題を解かれるのをお勧めします。




(2)間違えた所は、問題を覚えるまで繰り返し解く

私もそうでしたが、勉強を進めていくと

「得意・不得意」科目が、見えてきます。

不得意科目の問題は、何度も間違えてしまいます。

ですので、問題文を丸暗記するような気持で、

何度も同じ問題を、解く方が良いです。




(3)過去問題ばかりに頼って勉強に臨まない

出題傾向の一つとして「データ」に関する問題が出題される事もあります。

しかも、そのデーターは、受験する年の前年度前々年度のものと

結構、新しい数字が出されることがあります。

ですので、過去問題ばかりに気をとられることなく、

過去に出題された、データーはどんなものがあったか、そして、

その数値の新しいデーターを、調べておくのも良いと思います。

また、それらの数値は、事細かく覚える必要はないです。

大まかな数字を、覚えていくことから始める方が良いですよ。



同ブログ内参考
【介護福祉士とは?】
【介護福祉士の試験概要】
【介護福祉士の試験勉強ポイント】



過去問・介護福祉士 国家試験対策〈2009年版〉過去問・介護福祉士 国家試験対策〈2009年版〉
(2008/04)
介護福祉士国家試験研究フォーラム菅山 信子

商品詳細を見る








テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

介護福祉士受験対策 | 00:09:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
ごぶさたしてます
私は、短期集中型なので、ケアマネの試験を受験する時、2週間好きなお酒も断ち、毎日5時間ぐらい子供の机を占領して、問題集を何回も解いて勉強しました事思い出しました。

家族からは、お酒も飲まないなんておかしくなってしまったんじゃないかと、声かけるのも怖かったなんて後で言われました。
なんか学生時代の試験より勉強したように思います。
まず問題になれる事重要ですね。
2009-05-16 土 11:40:27 | URL | ハトケン [編集]
Re: タイトルなし
ハトケンさんへ

ようこそお越し下さいました。
そして、コメントありがとうございました。

私は、長く集中力が持たないのでv-356
毎日、少しずつ勉強してましたe-122
ケアマネ勉強を、し始めた頃、過去問題と格闘し、
撃沈しながら、ペンを持ち、机に向かっていました。

主人は「学生の時にそれが出来たらよかったのにね~」と
笑いながら言います。
私も、そう思いますが、でも、大人になってから取り組んだ勉強は、
一つずつ知らない事を、知っていく楽しさがありました。
(私は、好きな甘いものは、いつも以上に食べてましたが…e-427


今は、毎日心と体に冷や汗をかきながら、
仕事に臨んでいます。
また、よろしくお願いいたします。
2009-05-17 日 22:16:49 | URL | ケアウェル [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。