■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
介護福祉士の試験勉強ポイント
【介護福祉士の試験勉強ポイント】

今日、事務所で非常勤のヘルパーさんと介護福祉士の勉強法

について、話をしていました。

そのヘルパーさん曰く、

「どのように具体的に勉強に取り組めば良いか

分からないんです」と、おっしゃっていました。



確かに、介護福祉士の試験科目は、筆記で13科目、そして、実技試験。

実技試験は、事前講習を受ける方法がありますが、

筆記試験だけは、避けては通れないもの。



「はて?私は、当時どうやって勉強したかな?」と、思い返してしまいました。



確かに、私も「13科目を、どこから、どうやって、手を付けたらいいのか分からない」と、

勉強を始めたばかりの頃に、途方に暮れていた覚えがあります。



~参照:筆記試験13科目~

◎13科目、120題、マークシート、試験は丸一日

~午前~
  ①社会福祉概論:社会福祉論…8問

  ②老人福祉論…10問

  ③障害者福祉論…4問

  ④リハビリテーション論…4問

  ⑤社会福祉援助技術(演習を含む。)…8問

  ⑥レクリエーション活動援助法…6問

  ⑦老人・障害者の心理…8問

  ⑧家政学概論…8問

~午後~
  ⑨医学一般…12問

  ⑩精神保健…4問

  ⑪介護概論…8問

  ⑫介護技術…20問

  ⑬形態別介護技術…20問






このように、科目によって出題数が違います。

介護福祉士は、全体の合格ライン+各科目1点以上取得しなければ

合格となりません。


いいかえれば、全体的な点数は、合格ラインには達しているにも関わらず、

1科目でも、0点があると、不合格なのです。



そこで、要注意なのは「出題数の少ない科目」です。



出題数の多い科目は、間違えてもいい問題は、多いですが、

出題数が少ないと、あまり間違う事が出来ないのです。




また、私が意外と難しいと思ったのが「家政学概論」でした。

この科目は、最後に勉強しようと思って残してしまう方が

多いのですが、結構、難しい問題が出題されますので、

後回しにしない方が、いいと思います。

(「家政学概論」では、苦労しました。)





私は、次のような流れで、勉強に取り組んでいました。



[ステップ1]

☆テキストをまず読む!

私が、勉強を始めた頃は、まず、ざっと一つの科目ごとに、

テキストをザッ~と、意味が分からなくても、

まず、読み進める事から始めました。




[スッテプ2]

☆問題集を解く!

テキストを読んだあとは、問題集を片っぱしから、解いていきました。

内容が分からないままで、問題を解くのですから、

最初は「0点」ばかりでした。


ここで、心が折れてしまいそうになりますが、

ですが、グッ~と我慢して、それを繰り返します。


そうすると、問題を解いていくうちに、内容を理解するようになっていきます。

また、何度も間違える所は、その部分をテキストに戻って、

その部分だけを、ノートに書き出しました。

まとめると言うよりも、覚えるために、書きだしていたように思います。




[ステップ3]

☆時間を計って問題を解く

全体像をつかんだら、次に、試験時間と同じ試験時間で

時間を計りながら、解いていきましょう。

もし、まとまった時間がない場合は、半日分を区切りながらでも構いません。




[スッテプ4]

☆全国模試を受ける

試験数か月前に、様々な所で全国模試が実施されます。

それを、受ける事をお勧めします。

実力を測る事はもちろんですが、自宅以外のところで、

試験を受ける事によって、緊張感を持つ事が出来るからです。

試験当日は、必ずと言っていいほど緊張します。

ですので、少しでも慣れる意味も込めて、

自宅以外のところで、模擬試験を受ける方がいいと思います。





[勉強方法]

通信教育にするか、独学で勉強するか、はたまた、学校に通うか…

個人によって、まったく違うと思います。


私が、介護福祉士を受けた時は、通信教育+全国模試(1回受験)

の方法を選択しました。

ヘルパーとして働いていたため、時間的な余裕がなく、

また、学校に通うにはちょっと金銭的に高かったので…。

同じ時に試験を受けた方は、独学で勉強をされていました。



人それぞれ、おかれている状況はすべて違います。

また、自分に合った勉強方法も、人それぞれです。



ですので、できるだけ早い段階で、ご自分に合った勉強方法を見つけられる

のが、合格への近道のような気がします。(もちろん、勉強も…ですがね)




受験勉強は、ホントに大変だと思いますが、

全国で介護福祉士を目指している仲間がいる!と

思いながら、頑張って下さいね。




財団法人社会福祉振興・試験センター
http://www.sssc.or.jp/index_2.html


同ブログ内参考
【介護福祉士の試験概要】







テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

介護福祉士受験対策 | 00:11:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。