■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
介護保険制度:住宅改修とは?
【介護保険制度:住宅改修】

介護保険では、住み慣れた自宅での生活を支援するために

「住宅改修」をする制度があります。

これは、段差を解消したり、手すりをつけたりする事です。

もちろん、すべての住宅を改修時する時に対象になるわけではなく、

一定のルールがあります。


では、この住宅改修は、なぜ必要なのか、そして、どんな制度なのでしょうか?





[住宅改修の必要性]

・事故防止のため

 安全であるはずの家の中のちょっとした「段差」でも、つまづき転倒します。

高齢者の方が、転倒して骨折すると、回復が長引き、

それがもとで寝たきりになる事も多く、介護する家族の側の悩みや負担も多くなります。


・自立支援のため

 介助が必要な身体になると、ついつい動く事をひかえがちになります。

それが重なると、より一層体力が衰え、動けない身体になっていきます。

高齢者の方が、動きやすいように住まいを整える事で、

ご自身でできる事が増えて、行動範囲も広がり、自立度がアップします。





[制度]

介護保険サービスの1つとして、高齢者や障害者のいる世帯に対し、

その住宅を居住に適する改造をするために、要する費用を助成し、

本人の自立や介護者の負担軽減を、はかる制度です。






[対象者]

介護保険の要介護認定の結果が、要支援1・2または、要介護1~5の方。

在宅生活を送られ、今後も継続される予定の方。

また、入院・入所中であっても、退院などの目途がついており、

退院後に、在宅へ戻られる予定の方は対象に含まれます。





[費用はどうなるの?]

原則、お一人「20万円」です。

その、かかった費用に対する1割を、負担します。

残りの9割は、介護保険で賄ってくれます。


また、要介護度が3段階以上悪化した場合や

転居した場合新たに、支給を受けることが出来ます。





[住宅改修の内容]

 ①室内や玄関のポーチなどへの手すりの取付け

 ②室内の床段差・玄関ポーチや通路の段差などの解消

 ③室内の床材や玄関ポーチ・通路面の材質の変更など

 ④扉の取替え、ドアノブの変更、戸車の取付けなど

 ⑤水洗和式便器から洋式便器への取替え等

 ⑥附帯工事(手すり工事の下地入れなど必要な補強工事など)






[相談先]

住宅改修と思うとすぐに、工務店などに連絡すればいい!と、思いがちですが、

「住宅改修をしたいな」と思ったら、まずは、次の人たちに相談して下さい。

 ・地域包括支援センター
 (ご参考:【地域包括支援センターとは?】

 ・担当のケアマネージャー

 (ご参考:【ケアマネージャー(介護支援専門員)とは?】

これは、介護保険が関わりますので、工事が終わってから

「自分たちで工事を済ませたので、介護保険を給付して下さい」

と言っても、給付して貰えません。

工事を着工する前には、工事着工前の「現場の写真」を撮ったり、

申請書などを記入しなければなりません。

ですので、住宅改修を希望するときは、慌てずに行ってくださいね。







テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

住宅改修 | 14:08:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。