■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
コレステロールとは?
【コレステロールって悪モノ?】

高齢者の方のお宅で、お食事を作っていると

「私は、コレステロールの値が高いから気をつけて、食事を作って下さいね」

と、言われることがあります。


私たち、ヘルパーは高齢者の方が気にされる言葉を理解し、

そして、それに対応する力も求められています。



高齢者の方が、気にされている言葉の一つに

「コレステロール」があります。


その「コレステロール」=「悪モノ」と思いませんか?


でも、実はコレステロールって大切な、成分でもあるんです。

では、何が「善」で、何が「悪」なのでしょうか?





[コレステロールとは?]

コレステロールは、もともと私たちの体内で、生産される脂質の一種です。

70~80%「肝臓」で作られていて、私たちの生命を維持するために

必要な物質です。そして、その不足分を「食品」から摂って補っているのです。



コレステロールが、果たす役割には、

 ①赤ちゃんの神経の発達

 ②細胞膜を構成

 ③ホルモンのもと

         など、があります。


このようにコレステロールは、私たちの体に必要不可欠なものであるからこそ、

体の内で、コレルテロールを作る機能が、そなわっているのです。

コレステロールを摂取しすぎると、肝臓がコレステロールの

生成を抑えてバランスをとります。このバランスが崩れたときに、

様々な弊害が、出てくるのです。





[コレステロールの種類]

大きく分けると、二つに分類されます。(厳密には、もっとあります。)


・HDLコレステロール(善玉コレステロール)

HDL(「高比重リポたんぱく」と呼ばれる)は、

血中のコレステロールや、体の末梢組織の血管壁に、

こびりついているLDLを回収し、肝臓にもどす働きがあります。 

HDLが多ければ、動脈壁にコレステロールがたまりにくく、

LDLが運んだコレステロールが、余ってもHDLが回収してくれれば、

血液は、サラサラに保たれます。



・LDLコレステロール(悪玉コレステロール)

LDL(「低比重リポたんぱく」と呼ばれる)は、

コレステロールを「細胞」へ、運ぶという働きをしています。

体にとって重要な役割をしていて、LDLコレステロールそのものは、

決して悪いものではありません。

しかし、LDLコレステロールが必要以上に多くなってしまうと、

体の細胞にコレステロールを運ぶという性質上、

必要以上に、細胞や血液の中にコレステロールがたまって

酸化してしまい、動脈硬化などの原因になることから、

「悪玉コレステロール」と、呼ばれているのです。




[コレステロールの基準値]
・総コレステロール:130~219mg/dl

 高値…高コレステロール血症、糖尿病、甲状腺機能低下症 など

 低値…肝硬変、慢性肝炎 など



・HDLコレステロール:40~99mg/dl

 高値…高HDL-C血症 など

 低値…動脈硬化症、心筋梗塞、糖尿病 など



・LDLコレステロール:50~139mg/dl

 高値…甲状腺機能低下症、糖尿病 など

 低値…甲状腺機能亢進症、肝硬変、劇症肝炎 など





[コレステロールを多く含む食品]

 鶏卵、魚卵、レバー、いか、たこ、貝類 など

これらの食品は、単に「コレステロール」しか、

含まないと、言うわけではありません。

例えば、鶏卵などはタンパク質も多く含み、

床ずれ(参考:【①床ずれ(褥瘡:じょくそう)とは?】)などが出来ている方などが

召し上がると、床ずれの改善に役立ったりします。



食事を作ることの多いヘルパーさんは、献立を考えるとき

「バランス」「その方にどんな栄養が必要か?」

を考えて、仕事に臨んでくださいね。




コレステロールは「摂りすぎ」ても「摂らなさ過ぎ」ても

いけないという事なんですね。

バランスの良い食事を心掛けて、健康な体を維持して下さいね。







テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

食事 | 00:27:25 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
悪玉コレステロールは全てが悪いと言うわけではないんですね。きっと、殆どのの人がそう思い込んでるのでは・・・思い込みって怖いですね。
なんでもほどほどが良いのですね。
2009-04-08 水 08:06:38 | URL | パパちゃん [編集]
Re: タイトルなし
パパチャンさんへ
いつも訪問&コメントありがとうございますv-411

そうなんですよね。コレステロールっていつも悪者扱いなんですけど、
実の所そうではないんですよね。
自分で作れるから、たくさん食べ物で摂ったらダメって事なんですよね。

食事バランスが、大切だな…って、改めて思いました。


2009-04-08 水 20:46:17 | URL | ケアウェル [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。