■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
適正な体重管理を!BMIを活用してみましょう。
【健康状態を見極める 適正な体重:BMI】

昨今、栄養過多による「メタボリックシンドローム」が

よく話題となりますよね。いわゆる「メタボ」ですね。

私たち成人は、このメタボを気にしますが、
(私も、その一人ですが…)

高齢者の方は、すべて「栄養過多」と、いうわけではないのです。

逆に「低栄養」の方も、少なくないのです。

(同ブログ参考:【楽しく安全な食事の方法:食事の介助】




では、何故高齢者の方は低栄養に陥る方がいらっしゃるのでしょうか?


~低栄養に陥る理由~

①食欲の低下

 日中の活動性の低下から、お腹がすかなくなり、食事量が減る



②認知症による偏食

 認知症の方で、「食パンにジャムをぬった物しか食べない」

 「おにぎりとお漬け物しか食べない」という、食に関して

 こだわりを持たれる方も少なくありません。

 そして、栄養が偏ってしまういのです。



③身体機能の低下

 特に、飲み込む力が低下して、食事の度にむせ込み

 (最悪のケースは、窒息にまで陥る)

 食事自体が苦痛となり、召し上がらなくなる。



④口の中の状態

 総入れ歯、部分入れ歯などが、口に合わず、食べ物を食べると

 入れ歯の中に入って、口の中が痛くなり、

 その結果、必要量の食事を摂らなくなる。

 また、合わない入れ歯をはめず、歯ぐきで食事を召し上がるため

 固形物を敬遠され、やわらかいものや流動食などにして、

 栄養が偏ってしまう。





[低栄養を見極めるために]

近年「BMI」という言葉が、注目されています。

これは「Body Mass Index(ボディ・マス・インデックス)」の略で、

身長と体重から求める「国際的な体格の判定方法(計算方法)」です。

この計算方法を用いる事で、肥満・やせの判断をしているのです。

日本においても医師は、BMIで「肥満」や「痩せている」を判定しています。


◎計算式

  BMI=    体重(kg)    
        身長(m)×身長(m)

 ※健康を意識した場合、最も良い数値は「22」とされています。

◎判断基準
 18.5未満………やせ
 18.5~25未満…標準
 25~30未満……肥満
 30以上…………高度肥満



 「やせ」と判断された高齢者の方は、保健師さんなどによる
 「栄養指導等」が、個別にはかられます。


 一方で、25を越えると「高脂血症」や「高血圧」などの
 生活習慣病になる確率は2倍以上になり、
 30を超えると「肥満症」として、治療を要するとされています。







テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

食事 | 09:39:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。