■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
介護保険:個別介護計画書とは?
【個別介護計画書に沿ったお仕事を!】

ホームヘルパーさんや介護福祉士さんのみなさん

「(個別)介護計画書」って、知っていますか?



現場で見かけるのは、例えば「通所介護計画書」「訪問介護計画書」

「訪問看護計画書」「訪問リハビリ計画書」などが、それにあたります。




この「(個別)介護計画書」は「居宅サ-ビス計画」又は「介護予防サ-ビス計画」

に基づき作成される、介護サービス提供の計画書のことです。

ケアマネージャーさんが作成した「ケアプラン」に基づき、

それぞれサービスを提供する事業者が、

ケアにあたる利用者さんに対して「課題」「長期・短期目標」

「介護内容」などを設定するものです。






在宅の訪問ヘルパーとして働いていると、この書類の存在を

知っているヘルパーさんの少ない事に、気付きます。




現場では、仕事の手順を、前任者などから伝えられて

「次回から、仕事をお願いします。」

という流れで、仕事が始まるのがほとんどです。



残念ながら、どんな目的があって、このケアを提供されているかを

知らないヘルパーさんが、多いのが事実です。



しかし、厳密に言うと、この書類を読んでいなければ、

「どんな介護をしなければならないか?」が、分からなくなる時があります。

そして、その結果サービスプランにないケアを行い、

過剰サービスにあたってしまう…なんて事にも、なりかねません。




では、どんな流れで、この(個別)介護計画書が作成され、

具体的なケアが、提供されるのか見てみましょう。

[介護サービスの流れ]

①利用者さんやご家族がケアマネさんと打ち合わせ(受付・アセスメント)

      ↓

②利用者さんやご家族とケアマネさんや各サービス担当者と会議

      ↓

③ケアプラン、(個別)介護計画書が、作成される

      ↓

④それぞれサービスの提供

      ↓

⑤利用者さんの経過観察(モニタリング)

      ↓

⑥評  価

      ↓

⑦再アセスメント



このように①~⑦の繰り返しで、サービスが提供されていきます。




例えば、予防のプラン(要支援1や2)の方で、

ケアプランに「筋力低下を防止し、自宅内でご自分の出来る範囲で

安全に、ヘルパーさんと一緒に掃除を一緒にする」と設定され、

訪問介護計画書に「一緒に、掃除をする」というが、設定されていたとします。



その掃除は、掃除機かけは、腰痛などがあり利用者さん本人は

できないかもしれなませんが、雑巾を絞ってさしあげる事で、

利用者さんは、自分で棚などを拭く事が、出来るかも知れません。


しかし、棚などを拭く能力が残っているにも関わらず、

ヘルパーさんが「ハイ、それも私がやって差し上げましょう」では、

利用者さんが、出来る能力をヘルパーさんが奪っている事に、なるんです。

しいては、それが筋力低下にもつながることにもなるのです。



ヘルパーさんは、身体的につらいご利用者さんを見ていると

「何かを、やって差し上げなきゃ!」と思いがちです。



ですが、すべてのことをして差し上げるのが、

決して良いとは言い切れないのです。




私が、ある研修で、介護に携わるヘルパーさんや介護福祉士さんたちは

「目配り・気配り・心配り」が仕事をする上で、大切だと聞きました。


体を動かしていないと、何も仕事をしていないと思いがちですが、

利用者さんが、動いていらっしゃるのを「目で追い・意識を向け、

そして、危険がないか心を配るというのも」


ヘルパーさんの、大事な仕事なんだと気付きました。






テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

介護サービス内容 | 00:18:37 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
始めまして。遊びにきました。
「目配り・気配り・心配り」は目から鱗ですね。
介護の本質はそこにあると自分も思います。仕事の内容云々よりも「目配り~」などが利用者さんの介護をする上で大切な事ですよね。
寂しい事に現状では介護職本位になってしまっています。もっと利用者さんを見て、感じて接して貰いたいものです。
2009-03-29 日 12:02:21 | URL | パパちゃん [編集]
訪問ありがとうございます!
パパちゃんさんへ

訪問&コメントありがとうございます。

私は、介護の現場で、「目配り~」を心掛けてはいましたが、
自分が意識しないとついつい、介護職本位になっているなぁと…
(特に忙しいと、思ったときほどv-356)反省です。

福祉の現場にいる者として「気付き」の大切さを
意識しながら、仕事に臨みたいな…と思っております。

これからも、どうぞ、よろしくお願いいたします。
2009-03-30 月 15:38:26 | URL | ケアウェル [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。