■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
冬場の火災にご注意を
【冬場の火災にご注意を】

いよいよ暖房器具を、本格的に使う季節になりました。

高齢者の方でなくても、暖房器具による火災には、

気をつけなければならない所ですが、高齢者の方は、

特に気をつける必要がります。

そこで、高齢者の方の火災を予防するための

ヒントを書いてみたいと思います。



[暖房器具の選び方]

暖房器具は、様々ありますが使用時に「火」を直接出さないような

器具を選ぶ事をお勧めします。

例えば、オイルヒーターや赤外線暖房器具です。

オイルヒーターは、すぐに部屋全体を温める効果(即効性)は、

残念ながら期待できませんが、火傷や火事の心配が一番低いと思います。

但し、気をつけたいのはオイルヒーターは、

電気代が高くなる可能性があるので、導入の際はコスト面を考慮して下さい。

●オイルヒーター






[暖房器具の設置場所 など]

いくら、火災の可能性が低い暖房器具を使っていても、

万が一その器具を倒してしまい、火が出てしまう可能性だってあります。

そこで、暖房器具を設置する場所に工夫が必要です。


●生活動線上には、置かない
 避けたい場所:部屋の出入り口付近、高齢者の方が座る場所の近く



●燃えやすいものは近くにおかない
 例:紙類…新聞、雑誌など
   衣類…特に洗濯物を乾かす目的では絶対に近づけない


●電気コードは、出来るだけまとめて引っかからないようにする





[湯たんぽなどを有効に使いましょう]

従来型の湯たんぽが多く販売されていますが、

大きさや形状が様々です。

また、最近では充電式の湯たんぽも出回っていますので、

湯の準備をする必要がありません。

湯たんぽを使用する際は、低温やけどを予防するために

必ず湯たんぽにはタオルを巻いて、麻痺のある方が使用する際は、

麻痺のない方の足側におくようにしてくださいね。

●充電式湯たんぽ


●充電式ひざかけ




なお、火災報知機は必ず設置し万が一の際への備えも

併せてして下さいね。

火災報知機は、ホームセンターやインターネットなどでも販売しています。








スポンサーサイト

テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

ひとりごと | 16:43:53 | トラックバック(0) | コメント(4)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。