■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ペットボトル症候群とは?
【ペットボトル症候群とは?】

節電が、全国的に叫ばれている中、

熱中症予防のために、水分摂取を奨励するものを

ニュースや新聞などで見聞きしますよね。


もちろん、水分摂取は熱中症を予防する上で、最も必要な事の一つです。

しかし、摂取する水分も、考えて摂取しなければ

「ペットボトル症候群」に陥るケースがあると言います。

では、このペットボトル症候群とは、一体どういうものなのでしょうか?



[ペットボトル症候群とは]

「Yahoo!ニュース」および「ウィキペディア」より

それぞれ一部引用しました。

詳しい内容は、各ページで確認して下さいね。



Yahoo!ニュース

ペットボトル症候群の正式名称は、

「ソフトドリンク(清涼飲料水)・ケトーシス」。

継続して大量にジュースなどの清涼飲料水を摂取することで、

血糖値が上昇。

血糖値を一定に保つホルモンのインスリンの働きが、

一時的に低下してしまう。


インスリンが欠乏すると、ブドウ糖をエネルギーとして使えなくなり、

脂肪などを分解する。その際に「ケトン体」と呼ばれる代謝成分が増え、

血液が酸性に傾く。



ウィキペディア

スポーツドリンク、清涼飲料水などを大量に飲み続けることによって

おこる急性の糖尿病である。

糖尿病性ケトアシドーシスの症状となった若い人達の多くが

ペットボトルで清涼飲料水を飲んでいたことから

「ペットボトル症候群(清涼飲料水ケトアシドーシス)」と名付けられた。

1992年5月に、聖マリアンナ医科大学の研究グループが報告した。


市販飲料の多くには、100mlあたり10g(グラム)程度と

かなり多く糖質が含まれている。

スポーツドリンクにはたいてい100mlに6g程度の糖分が含まれている。

ペットボトル飲料の普及とその手軽さから、知らず知らずのうちに

過剰な糖分を摂取することになる。20代から30代の若者に多い。


これを普段水代わりとして飲んでいる場合、

1日に2L程度飲むと仮定すれば120 - 200gもの糖分を摂ることになる

(熱量にして470 - 780kcal)。

120gの砂糖は1個当たりの重量が3.5 - 4g程度の角砂糖で換算すると

約30個、ハンバーガーショップ等で多く使われている

2gのスティックシュガーだと60本分となり、

スティックシュガーの袋詰め商品一つ分を摂取していることになる。





[ペットボトル症候群の症状]

●意識がもうろうとする

●倦怠(けんたい)感がある

●昏睡(こんすい)状態に陥ることもある




熱中症を予防するためには、お茶や水また、柑橘類(レモン果汁など)を

絞って飲むのが良いと思います。

そして、その際のお茶受けに「梅干し」や「お漬物」も、良いと思います。

また「水+梅干し」「番茶+塩」も結構いけますよ!


本文にもありますが、スポーツドリンクには、バランス良くナトリウム等が

含まれてはいるものの、一方で、糖分もかなり含まれていますので、

バランスをとりながら、上手に取り入れて下さい。








テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

病気・けが・緊急時の対応 | 00:39:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
本の紹介:脳梗塞について
【本の紹介:脳梗塞について】


前回の記事で、私の近い身内にも

「脳梗塞の発症者が出ました」と記事に書きました。


現在は、入院をしていて全て病院の管理下で病気、体調、食事の管理を

してもらっています。


しかし、退院後には、本人や家族がそれを行わなければなりません。

そこで、まず病気を知らなければと思い、自分が読んでみたいと思う本を

3冊挙げてみました。

先ず敵(病気)を知り、その対策をじっくり練っていきたいと思います!


また、私の様に「脳梗塞の本」を、探していらっしゃる方の助けになれば、幸いです。



再起する脳 脳梗塞が改善した日再起する脳 脳梗塞が改善した日
(2010/05/25)
渡辺 一正

商品詳細を見る




図解 脳卒中のリハビリと生活―より質の高い暮らし(QOL)のために図解 脳卒中のリハビリと生活―より質の高い暮らし(QOL)のために
(2008/04)
不明

商品詳細を見る




脳梗塞に効くらくらくレシピ―美味しさいっぱいの食事療法脳梗塞に効くらくらくレシピ―美味しさいっぱいの食事療法
(2004/08)
作田 学

商品詳細を見る








テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

本の紹介 | 14:55:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。