■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
高齢者の洗髪方法・手順
【高齢者の洗髪方法・手順】

洗髪は、浴室やベッド上などで行う介助の一つですね。

私もヘルパーの頃、ベッド上で洗髪を行う方がいらっしゃいました。

その洗髪の介助の際皆さんは、どんなことに注意しながら

介助をしていますか?

今回は、洗髪の方法や注意事項を書いてみたいと思います。




[洗髪の方法(手順)~ベッド上編~]

(準備物)
 浴用タオル(数枚)、バスタオル
 湯、水、洗面器又はバケツ、シャンプーやリンス
 ブラシ、洗髪用パッド
 ビニールシート、大きめのゴミ袋 など



(方法)

1、ベッドに対して、まっすぐに寝ていらっしゃる体を
  頭部がベッドの角に来るように体を、斜めに移動させます。

 (注)
  枕は外して、ベッドがギャッチアップされている時は、
  フラット(まっすぐ)にしておきます。



2、首周りに、浴用タオルを巻きます。
  襟付きのパジャマならば、襟は、内側に折り込んでおきます。



3、肩甲骨辺りから頭の下まで覆うように、ビニールシート
  を敷き広げ、その上にバスタオルを敷きます。
  そして、その上には、ゴミ袋を再び敷きます。

  

4、髪にブラシを入れ、汚れを立たせます。

 (注)
 ・高齢者の方は、頭のかゆみを訴える方がいらっしゃいますが、
  あまり強くブラシを、かけないようにしてください。

 ・頭部や耳首筋など、皮膚の状態を観察します。
  特に、後頭部や側頭部そして耳の周辺には、
  床ずれが発症しやすいので、注意が必要。
  そして、変化がある時は、すぐに報告を!

  

5、湯と水を適温(37~41℃:季節や個人の好みに応じて変える)
  に混ぜて、髪をぬらします。
  そして、シャンプーをとり、指の腹で泡だてながら
  やさしく洗います。



6、洗い終わったら、浴用タオルでシャンプーの泡を
  一度、きれいに拭き取ります。

 (ポイント)
  泡をタオルで拭き取ることで、洗い流す湯量が少なくなり、
  しいては洗髪時間の短縮につながり、利用者さんの身体的負担が
  軽くなります。



7、泡を拭きとった後、湯で洗い流します。
  そして、シャンプー後は、リンスをします。(人によって、リンス不要)



8、リンスまで流し終わったら、タオルでよく拭きます。

 (ポイント)
  この時、地肌をしっかり拭くようにしましょう。
  そして、頭皮などの観察を再び行います。



9、体を元に戻し、水分摂取をしていただき、体調の変化がないか、
  後片付けをしながら、観察をします。





[注意事項など]

1、頭皮の痒みを訴える方が多いですが、
  むやみに力を入れて、洗髪をしないでください。
  傷を作ったり、洗い過ぎによる乾燥で、再び痒みの原因にもなります。



2、洗髪を行う前に、必要な物品をきちんと揃えて下さい。
  途中でとりに行くと、濡れたままの髪で利用者さんを
  放置してしまう事になり、風邪などをひかれたら大変です。



3、室温の配慮を。
  季節によって、適温は違いますが、
  その季節に合った温度設定をしましょう。
  特に、髪がぬれていると体が冷えますので、
  気持ち室温は、高めでも良いかもしれませんよ。



4、頭部などの観察を忘れずに
  ヘルパーさんの仕事で重要な事は「観察」です。
  利用者さんの体を守るためにも、観察を怠らないでくださいね。



5、髪を乾かす時は、地肌から。
  洗髪後、ドライヤーで髪を乾かす時は、
  地肌を始めに乾かして下さい。
  そうすることで、体が冷える事を防げます。



6、ケアを開始と終了時必ず、手洗いを行ってください。
  ヘルパーさんが、清潔である事が先ず大事です。
  媒介者にはならないような配慮が必要です。
  また、感染症をお持ちの利用者さんを担当する時は、
  ケア開始の前後に手の消毒も行いましょう。







スポンサーサイト

テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

お風呂(全身入浴・部分浴) | 00:05:47 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。