■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
災害時の高齢者介護の工夫
【災害時の高齢者介護の工夫】


今回のいたましい大地震、本当に心苦しいです。

そして、被災地での施設・在宅のケアをされている

ケアスタッフの皆様、本当にお疲れ様です。



私自身も、阪神淡路大震災で経験しましたが、

被災地では、ライフラインの復旧がしばらくかかったり、

精神的に不安定になってしまいます。

そんな時に、少しでも役立ちそうな事を考えてみましたので、

書き挙げてみますね。



1、ポータブルトイレ

 ポータブルトイレの、排泄物をためるバケツ部分(以下バケツ)を

洗い流す事が出来ないですので、そのバケツに出来るだけ大きめの

ゴミ袋をセットし、その中に新聞紙を入れます。

排泄のたびに、新聞紙を入れることで水分を新聞紙が吸い取り、

そのままゴミとして処分できます。

もし、ペットなどのトイレシーツがあると、新聞紙の代わりに入れると、

より効果的です。



 
2、寒さ対策

 今なお寒さが続きますので、その場にあるものでの寒さ凌ぎとしては、

 ①タオルを首に巻く

 ②腹巻になりそうな布類を腹部に巻きつける

 ③寒さは床から上がってきますので、もし、床に布団を敷く場合は
  敷布団を厚めにしてください。

 ④帽子がある場合はかぶる。
  帽子は、上から物が落ちてきて、もし、当たったとしても
  衝撃を多少吸収しますので、安全も同時に図ります。




3、体温の温かさを感じる(特に施設)

 被災すると誰もが心細く、ストレスをためてしまいます。
 
 そんな時、高齢者同士、手をつなぐことで少し安心する事が出来ます。

 それは、人の手の温かさが伝わるからです。

 本当は、ケアスタッフの方と高齢者の方とが

 手をつなぐのが良いと思いますが、

 ケアスタッフの方は忙しいと思いますので、

 ご利用者さん同士で構いませんので、手をつないで頂く事をお勧めします。





思い当たる事を、少し書きましたが、

これが、どれだけお役に立つか分かりませんが、

どうぞ、ケアスタッフの方も時々深呼吸をして

ケアにあたってください。

皆様の安全を、心よりお祈りいたしております。 







テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

ひとりごと | 00:40:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
厚労省通知vol,176   「24 時間地域巡回訪問サービスのあり方検討会」報告書の公表
【ケアマネージャー必読:

厚労省通知vol,176 「24 時間地域巡回型

訪問サービスのあり方検討会」報告書の公表】



24時間地域巡回型訪問サービスの基本コンセプトが厚生労働省より

公表されました。

平成24年度の介護保険改正に向けて、色々検討されていますので、

その経過をきちんと把握する必要がありますので、

一読下さいね。


[24時間地域巡回型訪問サービスの基本コンセプト]

①一日複数回の定期訪問と継続的アセスメントを前提としたサービス

一日複数回の定期訪問によるサービス提供を行い、
在宅生活を包括的に支えるとともに、利用者の心身の状況につい
て介護・看護の視点から継続的にアセスメントを行う。



②短時間ケア等、時間に制約されない柔軟なサービス提供

 継続的なアセスメントに基づき、施設におけるケアと同様、
利用者の心身の状況に応じて、提供時間の長さやタイミングを
柔軟に変更しながら必要なサービスを提供する。



③「随時の対応」を加えた「安心」サービス

  一日複数回の定期訪問に加え、利用者からのコールを受けた場合に、
利用者の心身の状況等を踏まえコール内容を総合的かつ的確に判断し、
必要な対応を行うことにより在宅生活の安心感を提供する。



④24時間の対応

日中帯を中心に定期訪問サービス提供を行い、
起床から就寝までの在宅生活を包括的に支えるとともに、
発生頻度は少ないながらも確実に存在する深夜帯のニーズに対応するため、
24時間の対応体制を確保する。



⑤介護サービスと看護サービスの一体的提供

 在宅生活を包括的かつ継続的に支える観点から、
利用者の看護ニーズに対応するため、介護・看護サービスを一体的に提供する。




*上記文章は、
「Vol.176 平成23年2月25日
厚生労働省老健局振興課」より抜粋

詳しくは、http://www.care-mane.com/pdf/feature/q&a/vol176.pdf
をご覧くださいね。



なお、これらの文章はまだ決定事項ではありませんので、ご注意ください。








テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

介護関連ニュース | 00:02:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。