■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
胃瘻(胃ろう)とは?
【胃瘻(胃ろう)とは?】

介護の現場にいると、様々なご利用者様のケアにあたります。

その中でも多いものの一つに「胃瘻(以下「胃ろう」)造設」をされている方の

ケアに当たる事も、少なくありません。

では、胃ろうとは一体どういうものなのでしょうか?


[胃ろうとは]

胃ろうとは、主に経口摂取困難な

(口から食べ物を食べる事が難しい)方に対し、

人工的に、皮膚・胃に小さな「口(穴)」を作って

チューブを設置し、水分・栄養を流入させるための処置です。

病気により感染症を起こしている場合などは、手術に留意が必要です。




[なぜ胃ろうを作るのか?]

胃ろうは、口から必要な栄養(すなわち「食べ物」)を十分に

摂る事が出来なくなった方が、造設します。

例えば、病気が原因での見込みが上手くいかなかったり、

食べるとむせてしまい、食べ物が肺に入って肺炎を

繰り返し起こしてしまう方などが設置します。




[胃ろう設置後の生活]

胃ろうを一度設置すると、

一生そのカテーテルから栄養(食べ物)を摂るかと言うと

必ずしも「Yes」ではありません。

それは、ご自分の口から十分な食べ物を、食べられるようになると、

カテーテルから栄養を入れる必要が、なくなるためです。

ですので、体調によって食べ物を、口からと胃ろうのカテーテルから

並行して、摂取する方もいらっしゃいます。



お風呂ですが、胃ろう設置者の方は、特に問題なく入浴しても大丈夫です。

胃ろう周りを、清潔にする事をお勧めします。

洗う際は、ガーゼなど皮膚あたりのやさしいものを利用して下さい。

また、お風呂からあがる時、胃ろうを設置した周辺の

肌の変化などの観察は、必要です。




[胃ろう設置者の注意点]

必要な栄養を口から摂らないので、歯磨きはしなくてもいいか?

その答えは「No」です。

胃ろうを設置している方は、口から食事を摂る方以上に、

歯磨きなど口の中を「清潔」にする必要があります。

それは、口から食べ物を食べることで、普通は、だ液が分泌されますが、

胃ろうの方はだ液の分泌が、抑えられてしまい、口の中の雑菌が

繁殖してしまい、風邪をひきやすくなり、

また、肺炎なども起こしやすくなるからです。




[胃ろうの是非について]

最近、現場で「胃ろうの是非」について話し合いが、多く持たれています。

それは、高齢者の「老衰末期の方」に、胃ろうを設置する事で、

無理な「延命」につながっているのではないか?と言う議論です。

(もちろん、胃ろうは全て総合的に判断して行うものだと思っています。)


一つのエピソードをお話します。それは、ある方の講演を聞いた時です。

講演者の90代後半のお母様(老人ホーム入所中)が肺炎繰り返し、入院され、

医師から、胃ろう設置を勧められたとのこと。

その方は「胃ろう」と言う言葉を、医師の説明の場で初めて聴き、

何が何だかか分からないまま、胃ろう設置に同意をして、

その場でサインを、されたとおっしゃっていました。


なぜ、その場ですぐにサインをしたのか?と、聞いていた私は思いましたが、

次の言葉で納得できました。


 ①分からない医療の事を医師から説明され、
  それをしないと母はすぐに亡くなってしまうと、その時は思った
   

 ②断れる雰囲気ではなかった



サイン後、お母様の胃ろうの設置まで、少し日数があったため、

その方は、少し冷静になられ、と同時に

胃ろうについて色々調べ、他者の人の話を聞いたり、相談し、

総合的に判断して、結果的に胃ろうの設置は、

されませんでした。


その理由として、こうおっしゃっていました。

母は、入院生活を望んでいるのではなく、現在の生活の場である

老人ホームに「戻りたい」と言う意思が強くあったとおっしゃっていました。

それは、耳元で「ホームに戻りたいか」と聞くと「ウン」と

大きくうなづかれる事が、多かったとの事です。

そのお母様は、ホームでの生活を楽しまれていて、

大きな家族のように、生活していたとのことでした。

また、

体を、動かす事が出来なくなったり、栄養を受け付けないようになったりして、

「最後の時」に向かって、母(の体)は、準備を始めているのに、

その自然の摂理に逆らって、母が喜ぶのか?と思ったからと…。


胃ろうの設置を希望していたのは、母ではなく、少しでも母と一緒にいたい

私(講演者)の意思だったと思った…ともおっしゃっていました。



このエピソードについての是非は、

それぞれ、読まれた方が感じられると思いますが、

高齢者・老衰末期の方の胃ろう設置については、

今後、ますます議論が深まっていくと思います。






スポンサーサイト

テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

病気・けが・緊急時の対応 | 00:16:37 | トラックバック(0) | コメント(8)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。