■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
成年後見制度とは?
【成年後見制度とは?】


ここ毎日、100歳以上の高齢者の生存不明のニュースが

流れていますが、先日下記のような記事が掲載されていました。


[朝日新聞より抜粋 ~2010.8.30~] 

首相は8/29に介護保険の対象として、

高齢者の独り暮らしや夫婦だけの世帯向けに、

新たな生活支援策を追加する方針を明らかにした。

全国で所在のわからないお年寄りが次々に明らかになる中、

家族や地域から孤立しがちな高齢者への支援が欠かせないと判断した。

厚生労働省を中心に、2012年度の介護保険制度の改正での

実現を目指して検討を進める。




これらを見ても、高齢者を取り巻く環境は、様々に変化しています。

高齢者を取り巻く環境に、高齢者の方はなかなかついていくことが出来ません。


そんな高齢者を支援する制度の一つに「成年後見制度」

という制度があります。




[成年後見制度とは?]

認知症、知的障害、精神障害などの理由で

判断能力の不十分な方々の財産を守ったり、

身の回りの世話のために介護などのサービスや

施設への入所に関する契約を結んだり、

遺産分割の協議など様々に支える制度です。

また、悪徳商法の被害にあわないように守るのも一つの仕事です。




[成年後見制度にはどんなものがあるのか?]

成年後見制度には、大きく分けると

「法定後見制度」と「任意後見制度」の二つがあります。

また、法定後見制度には「後見」「保佐」「補助」の3つに

分かれていて、判断能力の程度により区別して利用が出来ます。



●法定後見制度

 家庭裁判所によって選ばれた成年後見人などが

 本人の利益を考えながら、本人を代理して契約などの法律行為を

 したり、本人が自分で法律行為をするときに同意を与えたりなどをします。


●任意後見制度

 本人が十分な判断能力があるうちに、将来、判断能力が不十分な状態になった
 
 場合に備えて、あらかじめ自らが選んだ代理人(任意後見人)に自分の生活

 療養看護や財産管理に関する事務について代理権を与える契約を公証人の

 作成する公証役場で結んでおくと云うもの。 




[成年後見人などにはどんな人が選ばれるの?]

本人のためにどのような保護・支援が必要かなどの事情に応じて

家庭裁判所が選任することになります。

本人の親族(家族:配偶者、子供、親戚など)、法律・福祉の専門家、

その他の第三者や福祉関係の公益法人、その他の法人が、

選ばれる場合があります。

また、成年後見人などを監督する成年後見監督人などが

選ばれることもあります。




[手続きや質問などのの窓口]

●法務省民事局参事官室…TEL03-3580-4111
 法務省のホームページ…http://www.moj.go.jp/

●各市町村の地域包括支援センター

●全国の弁護士会や司法書士会






スポンサーサイト

テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

介護保険制度、内容、手続き | 00:11:39 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。