■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
夏野菜を上手く食事に織り込もう!
【夏野菜を上手く食事に織り込もう!】

今年の夏は特に暑さが厳しく、高齢者の方・介護者の方問わず

食が進まない方が多いと思います。


そんな中で、少しでも食事を摂取できるような

工夫が必要になってきます。

では、どんな工夫をすべきでしょうか?


[工夫のポイント]

1、見た目に涼やかである

2、香りが立つ

3、のど越しが良い

4、こってりしすぎないもの

5、必要な栄養素を摂取できること

6、市販の調味料を取り入れる



これらの工夫…抽象的に書くと誰もが気付く事ですよね。

では、具体的にどんな風にすれば良いでしょうか?


私も、毎日これらが課題なんですが、

私はできるだけ「夏野菜」を使うようにしています。



そして、その野菜も一度に出来るだけ多く下処理をしてしまい

後は、冷凍庫などで保存が出来るようにしています。

その一例を…

●とうもろこし

 買ってきたトウモロコをとうもろこしの実が見えるギリギリのところまで

皮をむき(皮を一枚残す感じ)そのままラップも何も掛けずに

電子レンジでチンします。

 ・600Wのレンジ、1本につき3~4分程度でOK。

意外と早く、火が通り、チンして粗熱がとれたらそのまま

ラップにくるんで冷蔵庫保存したり、コーンの実を包丁でこそげとって

それを冷凍庫保存します。




●モロヘイヤやオクラ

 それぞれ、必要な下ゆでをして、みじん切りにして冷凍庫へ保存。

モロヘイヤやオクラは、納豆や豆腐などを食べる時などに、

解凍してものをトッピングすると、

のど越しが良くなり、嚥下しやすくなりますよ。




●しょうが

 買ってきた生姜を洗ってそのまま冷凍保存。

すりおろししょうがを作る時など、そのまますりおろすと

しょうがの筋も出ないで、調理しやすいです。






[香味野菜や夏野菜の調理例]

●みょうが・大葉・生姜の夏調味料

 みょうが、大葉、生姜をみじん切りにし、

そこへ、市販のつゆの元・酢・砂糖を好みの味に合わせ

そこにみじん切りにしたものを加え半日なじませる。

これを作っておくと、冷ややっこ、冷やしうどんや

そうめんのつけだれに使えます。

冷やし中華には、ごま油を足すとOKです。

また、この調味料を冷凍保存しておいた「モロヘイヤ」や「オクラ」に

かけてもおいしくいただけます。



●きゅうり

・きゅうりの胡麻和え

 ①輪切りにしたきゅうりを塩を振りしばらくなじませる。

 ②①を水洗いし、ゴマとあえてみょうが・大葉・しょうがの夏調味料
  をかける。


・きゅうりの味噌漬け
 
 ①きゅうりを洗い水気を摂る。

 ②きゅうり1本に対し小さじ1の味噌を、きゅうりになじませる。

 ③それをビニール袋などに入れて、冷蔵庫で半日ほど寝かせる。


・きゅうりの冷汁

 ①きゅうりはすりおろす。
 そのほかに、油揚げ(湯通しをして食べやすい大きさに切る)
 ゴマ、味噌、水を用意する。

 ②すり鉢に、ゴマを入れゴマをする。次に味噌を入れゴマとなじませる。

 ③そこへすりおろしたきゅうり、油揚下を入れるなじませる。

 ④最後に水を入れて、好みの味に整える。

 ⑤食べるまで冷蔵庫で保存する。




●とうもろこし

・とうもろこしのおしたし

 ①レンジで下処理をしたとうもろこしを包丁で、芯からとうもろこしの実を
  外しておく。

 ②①をみょうが・大葉・生姜の夏調味料であえて冷蔵庫で保存する。





夏野菜は、火照った体を冷やしてくれる効果が

あるものが多いとされています。

そして、その野菜を摂る時に、少しの油と一緒に摂取すると

必要な栄養素が、体に取り込まれやすいと云います。



今日ご紹介したものは、ほんの一部ですが、出来るだけ

季節のお野菜を摂って、夏を乗り切ってくださいね。








スポンサーサイト

テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

食事 | 00:22:18 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。