■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
YAHOO!ニュースより  「特養をよくする特養の会」が発足
【YAHOO!ニュースより

 「特養をよくする特養の会」が発足】



特養待ちの方は、本当にたくさんいらっしゃり、

私が担当する方の中でも希望し、申し込みはするものの

結局、入所が出来なかったという方が、多数いらっしゃいました。


今後、国はどのような方針の元、施設を考えていくのでしょうか?

みなさんは施設について、どのようなお考えがありますか?



~ニュース記事より抜粋~

特別養護老人ホームの経営者らが参加する

「特養をよくする特養の会」が6月16日までに発足した。

特養に関連した政策提言を目指し、

介護保険や施設利用者の生活の質向上をテーマとした

勉強会や講演会を定期的に開催していく方針。



国は、特養におけるユニット型施設の入所定員割合を

2014年度に70%以上にする整備目標を掲げている。

しかし、今年2月に発表された

「08年介護サービス施設・事業所調査結果の概況」によると、

08年10月時点でのユニット型個室の整備率は定員ベースで

21.2%にとどまる。さらに、自治体からは財政上の理由などから、

従来型多床室の整備を求める声も多く上がり始めている。


こうした状況に対し、ユニット型施設を整備・運営する経営者から

「特養におけるケアの質の向上や施設と住居の今後のあり方について、

特養の利用者や経営当事者の視点から研究し、政策提言する組織が必要」

との声が上がり、同会の発足が決まった。



同会は6月27日、「特養ホームを良くする市民の会」と協力して、

東京都千代田区の星陵会館ホールで「雑居部屋特養を許さない緊急集会」

を開催するほか、定期的に勉強会や講演会を行っていく。

また、「住まう」という観点からの施設ケアや

住居ケアの調査・研究も手掛ける予定だ。



同ブログ関連記事

【介護保険施設の種類とは?】

【介護老人福祉施設とは?】








スポンサーサイト

テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

介護関連ニュース | 00:46:17 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。