■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
関節リウマチ:食事やリハビリ Vo.2
【関節リウマチ:食事やリハビリ Vo.2

前回【Vo.1】の関節リウマチの勉強会の今回は、Vo.2です。

前回は、関節リウマチの概要などを書きましたが、

今回は、リウマチ治療の目標や食事そして

リハビリについて書いていきます。


[関節リウマチの治療目標]

関節リウマチの治療の最大の目標は

「完全な寛解(*)状態で維持すること」であるとされています。

では、リウマチのおける完全な寛解状態とは?
 
 ・関節の炎症(腫れ・痛み)がない
 
 ・朝のこわばりがない
 
 ・全身の倦怠感がない

 ・理学所見での滑膜炎の存在がない

 ・Ⅹ線上での関節破壊の進行がない
                  ほか


 *寛解(カンカイ)とは(国語辞書より)
  病気の症状が、一時的あるいは継続的に軽減した状態。
  または見かけ上消滅した状態。癌(がん)や白血病など、
  再発の危険性のある難治の病気治療で使われる言葉。
  例えば、癌が縮小して症状が改善された状態を部分寛解、
  癌の症状がなくなり検査の数値も正常を示す状態を
  完全寛解という。


リウマチ治療の新しいキーワード(考え方)

(旧)ゆっくり副作用の少ないものから使用

     ↓

(新)速く、関節破壊を抑える薬を使用


「目標を設定して、それを達成する」

  ・発症<2年:寛解を目標

  ・発症>2年:進行抑制を目標





[食事]

関節リウマチの治療の中で食生活は、重要です。

有効な栄養素は、良質なタンパク質

青背の魚の脂肪に含まれるDHA、EPA、カルシウム、ビタミン類です。

脂肪分の少ない肉類や魚の動物性タンパク質と豆腐などの

植物性タンパク質を半々にとり、野菜中心の食事を心がけます。


関節リウマチに大敵の「冷え」から体を守るような食品…

すなわち「体を温める食品」の摂取も良いとされています。


また、リウマチの痛みがあることで体を動かす機会が減ることから、

骨粗鬆症を合併しやすいので、牛乳や小魚など、

カルシウムを多く含む食品もとることが大切です。

肥満すると関節に負担がかかるので、

エネルギー過多にならないように気をつけましょう。


しかし、服用している薬と併用して摂取を避けた方が良いとされる

食品などもあるので、主治医が薬を処方されるときに必ず、

日々の食事についても質問しましょう。

また、良かれと思っているサプリメントもモノによっては、

薬の効きを悪くさせるものもあります。





[リウマチリハビリ体操]

リウマチの方は薬物療法・食事療法と併せて

「体操(運動)」も有効とされています。


その目的としては…

 ・血液の流れを良くして関節が固くならないようにする

 ・筋力を維持する

しかし一方で、痛みが強い時などは、無理をしないと云う事も一方で大切です。


●体操を行う上での注意
 
 ①痛みがある時は、我慢せずに安静にする。
  「安静」と「運動」のバランスをとる事が大切。


 ②ゆっくり、大きく、順番を守って行います
  (例)肩→指先
     股関節→足先


 ③正しい姿勢で行いましょう
  肩の力を抜いて、背筋を伸ばす


 ④体操の翌日に疲れや痛みが残らない程度に
  各部の運動は自分のペースで「10回程度」を目安に行いましょう。


 ⑤関節は冷やさないようにしましょう
  入浴後など、体を温めたのちに体操を行うとよいでしょう。
  これからクーラーなどを使用する機会が多くなりますが、
  クーラーや扇風機の風が直接当たらないようにしましょう。


 ⑥体操カレンダーをつけましょう
  毎日、同じ体操を行い、どの程度出来たかを記録しましょう。
  そうすることで、どんな時にどんな関節に痛みなどがあったかが分かり、
  予防する資料にもなります。 



●体操:ここに掲載した体操は、勉強会の資料から一部抜粋したものです

(上半身)

 ①深呼吸
  背筋をのばすことがポイント


 ②肩の上下運動
  首をすくめないように、肩だけを上下させます


 ③肩の回転運動
  肘は楽な状態で、両肩をゆっくりと最初は小さくそして徐々に大きく回します


 ④肘の曲げ伸ばし
  両肘を伸ばした状態で、指先が自分の肩につくのを目標に曲げていきます


 

(下半身) *下半身の運動は、椅子に座った状態で行います

 ⑤足踏み
  膝を、交互(片方ずつ)に上へあげていきます


 ⑥膝伸ばし
  両足を、交互(片方ずつ)に伸ばしていきます


 ⑦つま先挙げ
  片足ずつ、つま先を上げたり下げたりします


 ⑧最後に大きく深呼吸
  

 より詳しくは「家庭で出来るリウマチ体操」を参照してくださいね。



(同ブログ内 関連記事)
【関節リウマチってどんな病気? Vo.1】

【関節リウマチをお持ちの方のケアについて】

【リウマチの方へ有効な自助具】








スポンサーサイト

テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

病気・けが・緊急時の対応 | 00:17:01 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。