■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ヘルパーさんの医療行為について
【ヘルパーさんの医療行為について】


医師や歯科医師、看護師などの免許を持っていない者が、

「医療行為」を、行うことは医師法や歯科医師法、

保健師助産師看護師法などで、禁止されています。




当然、介護の現場で働いている介護福祉士さんやヘルパーさんは、

「医療行為」と、言われる事はできません。(緊急性を除く)



では「どんな事が、医療行為ですか?」と、具体的に聞かれると、

なかなか、答えられなかったり、一方で、医療行為とは知りながらも、

利用者さんから頼まれて、やって差し上げた…という経験を、

お持ちのヘルパーさんも、少なくないのではないでしょうか?




[ヘルパーさんなど介護職員に禁止されている医療行為]

 ①湿布薬を貼る

 ②軟膏を塗る

 ③目薬をさす(点眼)

 ④巻き爪や爪白癬の爪を切る

 ⑤利用者の口に直接薬を入れる

 ⑥坐薬

 ⑦血圧測定から判断する

 ⑧浣腸

 ⑨摘便

 ⑩痰の吸引

 ⑪酸素吸入の準備・管理

 ⑫点滴の抜針

 ⑬人工肛門の管理

 ⑭インシュリン注射

 ⑮導尿

 ⑯褥瘡部のガーゼ交換





この中で、思い当たる節はありませんか?

①~⑤までは、ドキッとされた方も、多いのではないでしょうか?



このように書いている私も、実はヘルパーになりたての頃は、

利用者さんに頼まれて、湿布を貼ったことがありました。



それは…


「入浴の介助をしていて、その時急に利用者さんが、

腰が痛くなり、湿布を貼って欲しいとの依頼」でした。


その方はお一人住まいだし、背中に手も回らないし、

痛くてお辛そうだし…との気持ちが働き、貼って差し上げてしまいました。






ですが、振り返ってみると猛省です。




それは、この時は利用者さんの皮膚の状態に変化がなかったから、

良かったものの、皮膚の弱い方はたくさんいらして、

ヘルパーの、このどこにも問い合わせずに、また、ヘルパーステーションからの指示もなく


「良かれと思ってした行為」から、


逆に「湿疹」が出来て、かぶれてしまい、

通院をしなければならなくなった…と、いう事態に

発展する可能性が、おうおうにしてあるからです。



こんな時ヘルパーさんは、何の処置も出来ないのです。




ですので、ヘルパーさんは、ご利用者様とヘルパーさん自身を守るためにも、

禁止をされている医療行為は、例え、利用者さんに頼まれても、

まずは、お断りをする「勇気」を、もって下さいね。





また、このように頼まれた際は、所属しているヘルパーステーションに報告をして、

そこからケアマネージャーさんに課題として挙げて、

医師などと相談し、また、サービス担当者会議などを行い、

それらの事を話し合ってもらってくださいね。


(ただし、一部例外措置などもありますので、それは又次号で…)


ヘルパーさんは、利用者さんのご希望・ご要望、そして、課題を、

所属しているヘルパーステーションに「報告」することも、

大きな役割の一つです。




これを機に「医療行為などを行っていないか?」

いま一度、ご自分の行っている「ケア内容」を、

見つめ直してみては、いかがでしょうか?


同ブログ参照記事
 【ホームヘルパー(訪問介護員)とは?】






スポンサーサイト

テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

介護の資格、仕事内容 | 00:13:23 | トラックバック(0) | コメント(6)
脱水症:脱水症にご注意を!
【脱水症にご注意を!】

最近、寒暖の差が大きく、急に気温が高くなったりしていますよね。

こんな時、高齢者の方に、気をつけていただきたいのが「脱水症」です。

脱水症は、夏の時期には、よく注意を促されますが、

もちろん、夏の暑い盛りも大事ですが、この寒暖の差が

大きい時も「脱水症」に、注意が必要です。




[脱水症とは?]

もっとも簡単な言い方をすれば、

「身体に必要な水分が、不足している状態のこと」です。


人間の体は、成人で60%以上、高齢者の方では約50%が水分で、

この水分の、概ね10%以上減ると「脱水症状」を起こします。




高齢者になると、体内に蓄積される「水分量」が、低下して、

逆に、尿量は増えてきます。



更に、感覚が低下してくるので「喉の渇き」も、感じにくく、

「あ~喉が乾いた。水を飲みたい!」という、気持がわきにくくなります。



そして、人間の体は、水の補給より排泄が多くなると、足りなくなった水分を

主に「筋肉内に蓄積された水分」から、補ってくれるのですが、

高齢者は筋肉量が少なく、補うだけの水分が十分に確保できません。

水分補給を怠ると、高齢者の脱水症状は、瞬く間に進行してしまいます。






[脱水症の原因と脱水症から起こる症状]

脱水症状になる、直接的な原因としては、

水分の摂取不足、多量発汗、利尿剤の不適切な使用などが、挙げられます。


それらにより、初期症状としては、

元気がなくなる、食欲低下、尿量減少、発熱、便秘、嘔吐、皮膚の乾燥などですが、

さらに進むと、傾眠、幻覚などの意識障害症状や腎不全などがあらわれ、

最悪、死に至ってしまう場合もあります。


※傾眠とは「ウトウトしていて、睡眠に陥りやすい状態」を言います。





[脱水症の予防ポイント]

1.こまめに水分を摂る

 目標は、1日2Lです。

 しかし…なかなか水分を、一日に2Lも摂れませんよね。

 ですので、水分だけを2Lと思わず、お食事の際でも、

 水分の多い食事や水分の多い果物を摂るように心掛けましょう!


2.外に出るときは、水やお茶を持っていきましょう。


3.外から帰ったら「手洗い・うがい そして、水分を」を合言葉に

 水分を摂って下さいね。


4.1回200ml以下 ぐらいの水分摂取を心掛けましょう。


5.飲み物の種類は、カロリーやカフェインなどに注意すれば

 何でもいいと思います。




だだし、持病のお持ちの方(腎臓疾患・心疾患)で

水分制限を受けている方は、この限りではありませんので、

医師とご相談くださいね。





[摂った水分を効率よく体に吸収させるヒント]

水分を摂る際に、できれば、塩気も少し摂る方がいいです。

それは、塩分を摂る事で、とりこまれた水分を体に、

吸収しやすくするためです。

ですので…例えば、お茶うけに「お漬け物」を添えたり、

おかゆを召し上がる際には「梅がゆ」
にするとか…。

実は、先人のしていたことって「脱水症予防だった」と、いう事が、

結構あるんですよ。

昔の方の知恵は、凄いですね。


先人の知恵を借りて、今年も脱水症を予防して、

健やかに、夏を迎えて下さいね。







テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

病気・けが・緊急時の対応 | 00:13:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。