■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
介護保険の利用
介護保険利用の第一歩】


先日、80代の一人暮らしの叔母と話してしていた時の事。
(心身ともに、一人での生活に不自由がない叔母)


おば:「最近、時々膝が痛いのよね~。」

私:「一人で大丈夫?不便な事無い?」

おば:「大丈夫!大丈夫!介護保険料、毎月払っているから、
   いざとなったら、すぐにヘルパーさん呼ぶわよ」

私:「おばちゃん、ちゃんと介護保険料払っていても、
   今日、言って明日すぐに、
   ヘルパーさん来てくれる訳じゃ無いよ。」

おば:「え~そうなの。知らなかったわ。」



私たち介護の職についているものは、緊急性を除き、

ほとんど、介護度が決まった、ご利用者様のケアにあたります。



しかし、今まで

介護保険の利用を、一度も考えたことのない人」

「介護の世話になる必要のなかった人」などにとって、

介護保険の「しくみ」は、複雑で分かりにくいものなんだ…

と、この会話から思いました。



そこで介護保険利用の第一歩」を、ご説明したいと思います。




[介護保険を利用できる年齢]

65歳以上

40~64歳
(16の特定疾病が、原因で介護が必要になった場合)





[介護保険利用の申し込み先]

・地方自治体(区役所、町役場、など)

・最寄りの地域包括支援センター

※同ブログの【地域包括支援センターとは?】をご参考下さい。




[介護保険申請の流れ]

(1)申請(申し込み)

 介護が必要になった時、本人や家族が
 
 区役所、地域包括支援センターなどに、申請する。

(申請書類の請求は、電話などで問い合わせてくだいね)




(2)要介護認定
 申請された方の、要介護度などを決めるための「調査から審査判定」まで


 ①訪問調査
  調査員が、心身の状態を調べるために、
  ご本人やご家族などへの聞き取り調査を行います。
  ※調査員は、普段の生活されている状態などを知りたいので、
   緊張せずに状態をお話し下さいね。

   
 ②一次判定:コンピュータ判定
  ・訪問調査の結果
  ・主治医の意見書
  (主治医の意見書は、自治体がご本人の主治医に直接依頼します)


 ③二次判定:介護認定審査会
  一次判定の結果、訪問調査の結果、主治医の意見書などを
  元に「保健・医療・福祉」の専門家が審査をします。


 ④認定
 ~認定結果の種類~
  ・要介護度1~5(5が最も介護度が重い)
  ・要支援1,2
  ・非該当(自立)




(3)認定結果の通知
  原則、申請から30日以内
  自治体からご本人宛に、認定結果が通知されます。




(4)介護支援専門員(以下、ケアマネージャー)等
  との打ち合わせ。


  この打ち合わせは、ご本人やご家族の介護に関する状態、

  を伺い、介護保険で利用できるサービスや

  福祉用具の利用など、介護に対する全体的な話し合いを行います。


 ~ケアマネージャーが伺う内容~
  ・今、介護でどんなことが困っているか?
  ・どんな事ができるか?
  ・どんな事がしたい?
      など、様々な事を伺います。

  ※要介護度などによって、使えるサービスが違います。
  なので、十分に、ケアマネージャーと打ち合わせをしてくださいね。




(5)具体的なサービスの開始

   要介護度等に応じた、サービスが具体的に提供されます。





[費用負担]
・原則、利用した料金に対して「1割負担」

※1)利用金額のがあります
 2)介護保険料を払っていらっしゃるというのが原則になります






スポンサーサイト

テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

介護保険制度、内容、手続き | 11:53:56 | トラックバック(0) | コメント(2)
地域包括支援センターとは?
地域包括支援センターとは?】


介護に関して疑問や不安を持ったり、

介護保険は、どんな事から始めたらいいのか分からない

などの時に、相談に乗ってくれる機関です。



各地域の地域包括支援センターの場所は、

各自治体(区役所、市役所、町役場など)で

すぐに教えてもらえますよ。




[概要]

平成18年4月1日から

介護保険法の改正に伴い、創設された機関です。

高齢者の方が、住み慣れた地域で

いつまでも自分らしく安心して生活が、

続けられるように支援をする所です。



[地域包括支援センターの役割って?]

・介護に関する、総合的な相談窓口
 →健康、介護、医療の向上、財産管理、虐待防止(権利擁護)などの相談


・介護予防に関すること
 →体の状態を、維持や悪化させないための相談


・介護をされている家族の支援


・福祉道具の相談
 →車いす、つえ、おむつなどの見本が置いてあります。



[どんな人が、相談に乗ってくれるの?]

次のような資格を持った人が、相談に乗ってくれます。

・保健師
 →健康・体調などの相談に乗ってくれる

・社会福祉士
 →成年後見制度、虐待、などの相談に乗ってくれる

・主任ケアマネージャー
 →ケアマネージャーの相談役






テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

介護保険制度、内容、手続き | 11:32:45 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。