■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
腰痛を起こさないための体の使い方
【腰痛を起こさないための体の使い方】

ご家族を介護されている方、介護を職業とされている方の

体調不良のお話を聞く中で多いのが「腰痛」です。

今まで(の人生の中)で腰痛なんて、全く知らなかったと言う方が、

「介護を始めて腰痛になった」とおっしゃる方が、多くいらっしゃいます。


もちろん、介護は24時間365日待ったなしです。

その介護をされている方の疲労は、日々少しずつ蓄積していきます。

そして、その疲労は「腰痛」と言う形で、表れやすいのです。


完全に腰痛を撤廃する事はできませんが、ちょっとした体の使い方の工夫で

その腰痛を少しでも解消できる方法があります。

以前も同ブログで書いてきた事ですが、今回改めて書いてみたいと思います。




「腰痛予防」は、専門用語で言うと「ボディメカニクス」と言います。

これは「最も効果的に"体"が働くように、

うまく、体の位置関係を作りましょう!」と、いう事です。


これは、言葉を知っていても実践できなければ、腰痛予防にはなりません。

そこで、具体的にどうすればいいのでしょうか?



1、重心を低し、足幅を広くとりましょう(支持基底面積を広くする)

さて、ここで質問です。

「床に置いてある重たい箱を持ちあげる時、あなたらどの様な姿勢で持ち上げますか?」

両足を広くあけて、膝を曲げて、腰の重心を落としませんか?

そう、これがまさしく1、で書かれている事で日常生活で実践している事です。

具体的に言うと、座っている方の介護をする人の体を支えるために、 




2、移動する時は「持ち上げるのではなく、水平に」

ベッドで寝ている人を動かそうとすると、人はついつい

一度、持ち上げてから、動かそうそします。

しかし、このやり方では大きな力を使わなければなばなりません。

介護の現場では、持ち上げて移動させるのではなく、

対象者を水平に移動させると言う考え方をとります。

「滑らせて移動させる」と言う考え方です。




3、重心を近づける

介護対象者の方をベッドから、車いすへ移動してもらうとします。

その際、介助者が、対象者の人と離れていると、介助者の力が入りにくく、

手が滑って、対象者の人を落としかねません。

そこで、出来るだけ介助者は対象者の人に近づいて、重心を近づけてかつ、

重心を下げる事を心掛けましょう。




4、てこの原理を使う

ここでも、持ち上げると言う考え方ではなく、てこの原理である

「支点・力点・作用点」を上手く活用しましょう。

例えば、寝ている人を起こす際、介助者は、上半身をだけを対象者に預けて

介助すると、介助者より大きな人を介助する事が出来ません。

しかし、介助者の膝をベッドサイドにつけて、同じように介助すると、

自分より大きな人も移動させる事が出来ます。




5、身体を小さくまとめる

ベッドで寝ている人の体を、起こそうとする時に、例えば両腕が体から離れていると、

力が分散し、介助者には、大きな力が必要になります。

しかし、対象者の方の腕を胸の上に組んだり、両足の膝を立てて、体を小さくまとめると、

介助者の力が分散せず、効率よく力をかける事が出来ます。




6、大きな筋肉を使う

介助をする時、ついつい両手だけで介助をしてしまいがちになります。

しかし、人間の筋肉は上半身より下半身の方が大きな筋肉があります。

すなわち、例えば、上半身を起こそうとする場合は、対象者の人の体には、

腕などが接していますが、動かす時は、太ももの筋肉を使うように意識して、

介助します。

そうする事で、腰への負担が随分と軽減れます。




ここまで、ボディメカニクスの原理・原則を言葉で書いてきましたが、

ここで書いた事は実生活の中で、意識せず実践している事ばかりなのです。


要は、介助者は対象者の人の移動介助などをする時、

不慣れな場合は一つずつの行動を

意識しながら行えば腰痛は軽減させる事が出来るのです。

そこで…

 ①足幅は、自分の肩幅より広いく重心は下げているか?

 ②対象者に近づいているか?

 ③持ち上げようとしていないか?

 ④てこの原理を使おうとしているか?

 ⑤手や足を小さくまとめているか?

 ⑥介助者の大きな筋肉を使っているか?


と、指差し確認ならぬ意識確認をして、介助をしてみましょう!





[ボディメカニクスの原理原則のまとめ:7原則]

1)支持基底面積を広くする

2)重心の位置を低くする

3)持ち上げるのではなく、水平に移動

4)重心を近づける

5)てこの原理を使う

6)身体を小さくまとめる

7)大きな筋群を使う




ボディメカニクスを修得して腰痛にならないように気をつけて下さいね。

これにプラス、バランスの良い食事を摂る事にも心掛けて下さいね。








スポンサーサイト

テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

介護のアイディア・参考 | 00:25:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
デイサービスの導入と通う事を継続するために
【デイサービスの導入と

          通う事を継続するために】


この仕事をしていると、

ご家族は、デイサービスに通って欲しいものの、

本人さんは「そんな所に行きたくない!」と言う方が多いです。

ご家族が、高齢者の方にデイサービスに通ってほしい理由は、

様々ありますが、それを汲み取る事はご本には、難しいのが現実。

そこで、今日はデイサービスへの通所を拒否される方について、

書いてみたいと思います。



[ご本人と家族の気持ち]

介護を受けるご本人さんは、ヘルパーサービスは、お願いしたいと思っていても

自分が外に出て、デイサービスへ行く気持ちになる方は、

残念ながら、多くないのが現状です。

一方で、ご家族は、ご本人の日常生活で、支障が(ある事が)あるので、

出来るのならば、デイサービスへ通って欲しい気持ちがあると思います。


では、本人とご家族、それぞれの気持ちにどんな思いがあるのでしょうか?

お気持ちの例を挙げてみます。


≪ご本人の気持ち≫

 ・知らない人と接するのがイヤ

 ・行った事にない所に行くのは、なんとなくイヤ

 ・体調が悪いのになぜ、外出をしなければならないの
 
 ・行ったところで、別に何かをしたいわけではない

 ・子供だましのような所には行きたくない

 ・自分はちゃんと生活出来ているのに、なぜそんな所に行かなきゃいけない

 ・私を家から追い出したいのか?
 (特に、認知症の方で被害妄想の要素が入るケースにみられる感情)

 ・服を着替えて準備をするのが億劫
 
 ・外に出たくない

 ・そんな所に通う「プライド」が許さない(他人からの手助けは、不要)



≪ご家族の気持ち≫

 ・少しでも外に出て、他者と交流を持ったり、会話をしてきて欲しい

 ・お風呂に入ってきてほしい(自宅で入るのが難しい)

 ・主治医に勧められたため

 ・少しでも歩く力などを維持するために、リハビリをしてきてほしい

 ・自分(家族)の時間を持ちたい(介護に少し離れてリラックスしたい)

 ・人と接し、会話する事で、病気(認知症など)の進行を遅らせたい


(ここに書いた事が、お気持ち全てを表す訳ではありませんので、ご承知ください)


これらに挙げたお気持ちは、今まで介護の仕事をしてきた中で

見聞きしてきたものです。

もちろん、全ての方がこれらに当てはまる事はありませんが、

多かれ少なかれ、このようなお気持ちを持っていらっしゃいます。





[本人と家族の気持ちの溝を埋めるためにどうすべきか?]

デイサービスに行きたくないご本人と、デイサービスに通ってほしいご家族。

この相反する気持ちの両者の間に入って、

両者が「(ある程度)納得して、(気持ちの)折り合いをつける」様に

なってもらう事を手助けするのが、

ケアマネや社会福祉士などの相談援助業務者や

現場で働く介護従事者の務めであると思います。


この両者の気持ちを、具体的にどの様にくみ取って

「デイサービスに通う」と言う目標を達成すれば、良いのでしょうか?



≪気持ちよく通ってもらうための案≫

人の行動を決定するは、その場面・場面における「感情」であると思います。

瞬時にくるくると感情が変化するのも人の常。

そこで、常に思う事は、必ず「目標」や「ゴール」は、設定するものの、

「焦って、そこまで辿り着かないようにする」と言う事が大事だと思います。



手順としては…

①ご本人にデイサービスに対する率直な気持ちを聞く。

 同時に、ご家族の気持ちも聞く。



②そこで、何がネックになってデイサービスに通う事を

 嫌がられているのかを観察する。



③(ケアマネさんであれば…)
 時間(数時間・数か月など)をかけて、ゆっくりとご本人に話しをしていく。

 この話す内容は、直球の「正攻法」だけでは、なかなか気持ちが納得する事が

 難しい可能性が高いので、変化球などを織り交ぜる事が良いと思います。

 また、もちろん毎回訪問の度に話をすると

 「このケアマネはうっとおしいから、話しを聞く気にならない」と

 言う事もあるのでタイミングを計りながら、話題を持っていくことが大事です。

 また、ケアマネさんは、他のサービス提供者(訪問ヘルパーさんなど)にも

 協力してもらい、デイサービスのメリットやデメリットの話しを

 してもらう様に、お願いをする。


 ご家族には、最初からすぐにデイサービスに通う事が実現する訳ではない事を

 きちんと話して理解をしてもらっておく。

 また、もしできる事なら、ご家族も実際のデイサービス(数か所)へ

 見学に行ってもらい、どんな所だったかなど、ご本人に話しをしてもらう。



ここに書いた事は、悠長な方法かもしれませんが、

人の行動を決定する「気持ちを」いかにデイサービスに

向けてもらうかが、カギになると思います。





[通い始めたデイサービスを続けるために…]

せっかく話しをして通い始めたデイサービスでも、

イヤな事があれば、通所を断る事だって大いにあります。


そこで、デイサービスを継続するためには、

デイサービス側・ご家族・本人、そして、ケアマネの意思疎通が

大事になってきます。


特にデイサービス側には、ご本人の性格やどんな気持ちで通っているのかを

伝えておく事によって、デイサービスでのサービスの提供の仕方を

工夫してもらえる可能性だって、大いにあります。

例えば、本人はトイレは自分で行けると思っていても、

実際には、失敗が多い方ならば、トイレ誘導を耳元で行い、

決して他のサービス利用者の前では話さないや、

「リハビリですよ」などの声をかけて、トイレに誘導する方法だってあると思います。

やはり、ここだは「羞恥心への配慮」が最も必要だと思います。

また、色々な事はサービス提供者のペースで行うのではなく、

ご本人のお気持ちのペースに寄り添いながら、

周りの人はペースメーカーの先導役として、寄り添う気持ちを持って下さいね。



人は「自尊心」を傷つけられる事ほど辛い事は、ありません。

もちろん「羞恥心」も同様です。

これらのお気持ちをくれぐれも大事にして、話しを進めて下さいね。








テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

介護のアイディア・参考 | 11:50:32 | トラックバック(0) | コメント(1)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。