■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
体を清潔にする(清拭:各部分編、下半身)
【下半身を拭く】

※体を拭く事を「清拭(せいしき)」と言います


下半身の清拭を行うときは、

おむつの交換(参照:【おむつの交換Ⅰ】)や

足浴(参照:【足を温める(足浴)】 )などを

組み合わせて行うと、入浴が困難な方もさっぱりしますよ。



[方法]

上半身を拭く際と同様に(参照:【上半身を拭く】

温かいタオルで拭いたあとは、すべて

乾いたタオルで、湿気を拭きとって下さい。



風邪予防のため、体を拭く際は、

必ず、2度拭きをしてくださいね。




[準備物]

※清拭を行う際は、準備をきちんとしてくだいね。


・浴用タオル(2~3枚)

・湯(60度以上が良い)

・バスタオル(羞恥心への配慮です)

・着替え(例:パジャマのズボン、おむつ、靴下 など)


その他、必要に応じて準備してください。




[拭くときのポイント]

1)足先

 ・指の間も丁寧に拭いて下さい。
   ただし、白癬菌(みずむし)などに
   かかっていらっしゃる場合もありますので、
   介護用の手袋(ディスポグローブ)をはめて
   行ってもいいでしょう。

 ・足先を持ち上げる際は、介護者の手で
  踵をしっかりと持って(固定させる)
  拭くようにしましょう。


 ・足浴を行ってから、拭いても体が温まります!
  また、足浴後に「足のつめきり」も、同時に行う場合もあります。


2)足首~膝

 ・「足首→膝」に向かって、拭くようにしてくださいね。
 (末梢から中枢に向かって)
 血流を良くするために、この方法をとります。



3)膝

 ・膝を拭く前に、温かいタオルで関節部を温めます。

 ・膝の前方は「円を描くよう」に、拭いて下さいね。


4)膝~太もも

 ・こちらも、末梢から中枢へ向かって拭く方が効果的なので
 「膝→太もも」の方向で、拭いて下さいね。


5)その他

 ・介護される方の負担を考え、

  下半身の清拭を行う際に、おむつ交換を同時に

  行ってくださいね。





[清拭後には…]

清拭では、体の「水分」が、失われます。

なので、水分摂取をして頂いて下さいね。

(ただし、水分摂取制限のある方はこの限りではありません)




[チェック!]

体を拭く際、体の変化を必ず見て下さいね。


①皮膚の状態
 ・床ずれ(褥瘡)が出来ていないか
  →腰、太もも、膝、かかと など

 ・カサカサしていないか

 ・かゆみはないか
           など


②足の爪の状態
 ・爪白癬(爪水虫)にかかっていないか


③その他
 ・普段の状態との変化






スポンサーサイト

テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

体を拭く(清拭) | 21:52:56 | トラックバック(0) | コメント(2)
体を清潔にする(清拭:各部分編、上半身)
【上半身を拭く】
※体を拭く事を「清拭(せいしき)」と言います。


体を拭いてもらって、一番気持ちのいいところは、

「背中」です。

背中を拭いてもらうのを、

楽しみにされている方は、多いですよ



[方法]

※温かいタオルでふいたあとは、

すべて乾いたタオルで湿気を拭きとってください。

(二度拭き) これは、風邪予防です。



1)手

・手首から指先にかけては、

一度温かいタオルを手に巻き、少し温めます。

・温めたのち、細かいところまで気を配りながら、拭きます。
特に…
 ・爪
 ・指の間
 ・手首 





2)手首→ひじ(片方ずつ行う)

・肘の内側(関節)を少し温めます。

(関節を温めることによって、肘の動きがスムーズになります)

・腕の外側を「手首→肘」に向かって拭きます

(末梢から中枢へ向かって、一歩通行で!)

・腕の内側を同様に拭く





3)肘→肩

・脇の下に温めたタオルを当てて、体を温める

・「肘→肩」の一方通行で拭いて行く

 この時も、外側を拭いてから、

内側を拭くようにしてくださいね。

また、肩などは注射の後などがある場合があるので
気をつけましょう。





4)胸側

※胸部はデリケートですので、やさしく拭いて下さいね。

・胸の上は、円を描くように拭く

・腹部は、腸壁に沿って拭きます

(おへそから「の」の字を書くように拭く)  




5)背中

※背中は「床ずれ(褥瘡)」がないか

細部まで、観察してくださいね。

もし、床ずれを発見したら、ご家族や医療職の方へと

連絡をしてくださいね。


・背骨を中心に「内側→外側(背骨から脇側)」へと

向かって拭いて行きます。


◎多くのお年寄りが、「肩甲骨」「脇腹」「背骨の上」

が痒いとおっしゃいます。


また、背中の「痒み」は、季節によって感じが方違うようです。

夏:汗でムズムズ痒い
冬:乾燥でイライラする痒み




体を拭くときの、準備物やポイントは

(同ブログの)

【体を拭く準備物と順番】

      や
【体を拭く時のポイント】

を参照してくださいね






テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

体を拭く(清拭) | 22:12:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。