■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
風邪予防にためにも口腔ケアを
【風邪予防にためにも口腔ケアを】

過ごしやすい秋の陽気になってきましたが、朝夕と、日中の温度変化により

風邪をひき易くなっている方が、大勢いらっしゃいます。

また、私の周りでも風邪をひいている方が多く、特に、咳こまれる風邪の方が

多く見られます。


そこで、抵抗力の下がっている高齢者の方は、風邪をひかれる事で

肺炎を起こしかねないので、風邪予防には配慮が必要です。


その風邪予防の一つに「口腔ケア」があります。



[具体的な方法]

●食後には、歯磨きを

 一日に平均して「1~2回」歯を磨く方が多いと思いますが、

 出来れば、毎食後に歯磨きをする事で、口の中に残った食べ物を

 排除する事が出来ます。

 また、歯磨きが億劫な方は、うがいでもOKです。



●舌やホッペの内側も磨きます

 丁寧な歯磨きの中の一つに、舌磨きと内頬磨きがあります。

 口の中の雑菌は、歯にだけつくものではなく、口の中全体に

 広がっています。

 そのため、口の中全体を清潔にするためにも、舌や内頬も

 磨くようにしてください。

 その時、舌や内頬はデリケートですので、歯ブラシでやさしくなでるようにするか、

 もしくは、専用の舌磨きなどを用いても良いですよ。



●お茶でうがい
 
 緑茶、番茶、紅茶等の茶に含まれている「カテキン」には、

 抗ウイルス作用(殺菌作用)があると言われています。

 そこで、お茶を飲んだ出がらしの茶葉に、湯を入れそのまま少し置いて

 湯が冷めたらそれで、うがいをする事をお勧めします。

 また、これでうがいをすると口の中がさっぱりした感じになりますよ。




[口の中が乾いている方の口腔ケア]

 寝たきりの方は、口を開けたまま寝る方が多くみられ、そしてその結果

 口の中が渇き、痰やだ液が乾燥し上顎などに付着している方がいらっしゃいます。

 そんな時の口腔ケアは、どうしても付着した痰等をはがそうと、口の中に

 負担をかけてしまう事があります。

 その時は、

 ①カーゼやコットンを湿らせ、痰などに水分を含ませる。


 ②水分を含ませたまましばらく置く。


 ③様子を見ながらゆっくりと、歯磨きをする。

  この時、歯ブラシなどのブラシ部分が固くて、口の中を傷つけるようならば、

  介護用グローブを着用した介護者の指に、ガーゼなどを巻きつけて、

  それで、口の中をやさしく拭き取るような感じで清掃してあげて下さい。



 また、これらのケアを行う際は、痰などが幾重にも重なって

 通常のケアが難しいと判断した場合は、訪問歯科医等に相談される事を

 お勧めします。

 ヘルパーさんの判断だけでは、無理なケアは行わないようにしてくださいね。







スポンサーサイト

テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

歯を磨く(口腔ケア) | 11:06:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
インフルエンザが流行るこの時期こそ歯磨き(口腔ケア)の徹底を
【インフルエンザが流行るこの時期こそ

       歯磨き(口腔ケア)の徹底を!】



今年の冬も、インフルエンザの流行時期がやってきましたね。

例年に比べて、少し遅いとか…。


しかし、ともあれ予防にこした事は言うまでもありませんが、

その予防法の一つに、口腔ケアすなわち口の中の清潔の徹底を

図る事をお勧めします。


それは「歯磨き」と「うがい」です。


数年前、ある老人ホームで特に冬場の歯磨きや口腔内清掃を徹底すると、

その年のインフルエンザや風邪をひかれる方の数が、

かなり少なかったと言う報告例がある程です。


では、どのようにすればポイントを押さえた

インフルエンザ等の予防が、出来るのでしょうか?



[歯磨き(口腔ケア)のポイント]

様々なウイルスは、口の中の至る所に潜んでいます。

そこで、歯を磨くだけでなく口の中の全てを清潔にすることで

ウイルスを除去する事が出来ます。



①歯磨き

 普段よりも丁寧に歯と歯ぐきの間を丁寧に磨く。

 しかし、丁寧にと言っても、力任せに磨くのではなく、

 やさしいタッチで、歯ブラシを動かす回数を増やして下さい。

 やさしいタッチとは、例えると歯ブラシで桃の表面を傷つけないように

 やさしく触る感じです。



②口の中磨き
 
 歯を磨いたのちに、同じブラシで構いませんので

 「舌」「舌の下」「ほっぺた」も、同様にやさしく磨いて下さい。

 舌磨きをする方は、結構いらっしゃいますが、ほっぺた側にも

 菌は存在していますよ。



③うがい
 
 歯磨きや口の中磨きが終わったら、うがいで口の中をすすぎますが、

 多めの水で、洗い流すようにして下さいね。

 また、冬場はどうしても寒いので水を口の奥まで入れてすすがない

 方がいらっしゃいますが、せっかく舌やほっぺた側を磨いたのですから、

 その汚れを洗い流して下さいね。

 そして、のどの付近の菌も外に出すために、最後にうがいをして下さいね。



④入れ歯の手入れ

 夜、入れ歯を入れたまま寝る方や外して寝る方共通で、

 入れ歯は、必ず外して「入れ歯専用歯ブラシ」で、磨くようにしてください。

 特に、ブリッジ等の部分入れ歯の方は、隅々まで歯ブラシのブラシが

 届くように磨いて下さいね。

 また、時には入れ歯洗浄剤(ポ○デ○ト)などにつけて、菌の除去もお勧めします。

 余談ですが…これらの入れ歯洗浄剤には、口臭予防効果も期待する事が出来ます。 




それと…

外から帰ったら「手洗い・うがい」は、徹底して下さいね。







テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

歯を磨く(口腔ケア) | 00:02:36 | トラックバック(0) | コメント(5)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。