■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
便秘について
【便秘について】

高齢者の方で「便秘」に悩んでいらっしゃる方は、

大勢いらっしゃいます。

今日は、その便秘について書いていこうと思います。



[便秘の種類]

一言で便秘と言っても、それには種類があります。

それは、腸自体に問題のある「器質性」と

腸の機能の問題で起こる「機能性」の便秘とがあります。


●弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)

 弛緩性便秘は、主に筋力(特に腹筋)の低下により、

 腸の運動機能が低下して起こる便秘です。

 高齢者の方や長期にわたり寝たきりであったり、

 食事の摂取量が少ない方にみられます。



●痙攣性便秘

 この便秘は、自律神経の異常(交感神経と副交感神経のアンバランス)が

 原因で、腸の機能低下を招いていると言われます。

 腸自体が、過度に緊張し腸自体の「けいれん」によって起こる便秘です。

 この便秘は、腸が過度に働き過ぎて起こるものなので、服用する

 下剤によっては、便秘の症状を悪化させたり、体調不良に陥る事もあります。



直腸性便秘

 便を我慢して、直腸(*)付近にたまってしまったり、便秘薬の乱用によって

 直腸から便意が消えてしまい、便が排出されない事によって起こります。

 申し越し詳しく説明すると、直腸は、大腸に比べて大きいので、

 便がそこで停滞すると、塊(便)が大きくなってしまい、かつ、

 停滞している時に、水分が腸に吸収されてしまい、より一層

 便が固くなってしまい、なかなか排出する事が出来なくなるのです。 

(*)直腸は、肛門のすぐ上にあたり腸の事を指します。





[高齢者の便秘の原因]

●食事や水分摂取量の低下

 食事の全体摂取量が低下し、一日に必要とされる「食物繊維」を
 
 十分摂取する事が難しい方が多いです。

 また、体は水分を必要としていても、喉の渇きを伝える神経が低下し、

 水分が欲しいと思わないため、水分摂取量も低下してしまいます。



●腸の運動機能の低下

 腸は「蠕動(ぜんどう)運動」という動きによって、便を肛門まで

 動かして排出します。

 その蠕動運動が低下してしまい、便秘になりやすいのです。



●薬の副作用

 高齢者の方は様々な薬を服用されますが、その副作用で「便秘」を起こす

 事は多くみられます。



●運動量の低下

 足腰などの痛みから、歩く事などが少なくなり、新陳代謝が悪くなり

 腸自体の動きが悪くなります。





[便秘を解消するために出来る事]

便秘の程度は、人によって違いますが、日常生活にで、少し気をつける事で

解消できる方法もあります。


●食事を見直す

 便秘の原因でも記しましたが、食事や水分摂取量が低下しても、

 その中で食事の内容を見直す事は、出来ます。

 例えば…

 ・出来るだけ、食事は3度きちんと摂る

 ・3度の食事の時、汁物を食べる

 ・ミキサー食の方など、その中にこんにゃくなどを混ぜて食事を作る

 ・水溶性と不溶性の二つの食物繊維を意識的に摂る



●お腹を温め軽くマッサージをする

 腸の働きを促すために、下腹部を温めるのも一つの方法です。

 例えば、蒸しタオルをお腹に少しの間あてて、その後腹部を

 軽くマッサージします。

 マッサージの方法は、おへその下からひらがなの「の」の字を

 書くように「手の腹」でやさしく行います。



●出来る範囲で体を動かす

 足腰が痛い場合は、椅子に座りながら、足の上げ下げしてみたり、

 上半身を肩甲骨などを意識しながら動かします。



●上手に便秘薬を使う

 便秘だからと言って、すぐに便秘薬を服用するのはお勧めしません。

 先ずは、上述した方法を根気よく試す事が大切です。

 ですが、慢性にって便秘によって体調不良を

 起こしてしまってはいけません。

 医師に相談し、どんな便の状態で、どんな便秘なのかをきちんと

 相談したうえで、最初は軽めの便秘薬から使うのが良いでしょう。





ここに記してきた方法は、全ての人に必ずしも、効果があるとは残念ながら言えません。

また、ヘルパーさんは誰の相談もなしに勝手に上記の方法を試す事は

絶対にやらないでください。

それは、良かれと思ってやったことが、結果的に悪影響を及ぼす事も

あるためです。

そこで、ヘルパーさんで、様々な便秘解消の方法や知恵をお持ちの場合は、

その利用者さん担当のケアマネさんに相談し、やろうとしている事を

全体で検討し「その方法を行っても大丈夫」と言うお墨付きをもらってから

行うようにしてください。









スポンサーサイト

テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

トイレ(排泄) | 10:59:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
介護者が知っておきたい尿失禁の種類
【介護者が知っておきたい尿失禁の種類】

介護の仕事についている私達は、排泄の介助のケアに

あたる事も少なくありません。

その際、利用者さんが尿失禁をされるケースがあると思いますが、

その尿失禁にも種類がある事を知り、適切なケアにつなげていく必要があります。



[尿失禁の種類]



●腹圧性尿失禁(フクアツセイニョウシッキン)

 お腹に力が入った時に尿が漏れてしまう事。

 咳やくしゃみをした時や笑ったり、重い物を持ちあげたりした時に起こる。

 この腹圧性尿失禁は、女性に多くみられる。



●切迫性尿失禁(セッパクセイニョウシッキン)

 尿を我慢できなくなったり、トイレまで間に合わない事。
 
 主な原因として、膀胱括約筋のゆるみ、急性膀胱炎など。
 
 トイレに誘導中にトイレの前で失禁してしまうのがこのケース。
 
 そのため、トイレ誘導は余裕を持って行ってください。



●溢流性尿失禁(イツリュウセイニョウシッキン)

 尿閉により膀胱にたまった尿が、圧力によってダラダラとあふれてくる様に

 漏れ出してくる事。

 前立腺肥大症等が原因となり、男性に多くみられる。



●機能性尿失禁(キノウセイニョウシッキン)

 排尿の機能には問題がないが、脳血管障害などで麻痺のような身体障害や

 認知症などで、排泄の動作が適切に行う事が出来ない事を言う。



●反射性尿失禁(ハンシャセイニョウシッキン)

 脊髄損傷等のために、本人の意思とは関係なく、膀胱が反射的に収縮し

 尿が出てしまう事。




これらの尿失禁の中で、高齢者に多くみられる失禁は、
「切迫性尿失禁」「溢流性尿失禁」「機能性尿失禁」が挙げられます。


また、これらの名称は介護福祉士や介護支援専門員(ケアマネージャー)の

試験でも出る可能性があるので、それらの試験を目指す方は、

名称と内容を覚えておくと良いですよ。







テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

トイレ(排泄) | 00:23:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。