■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
日経新聞より「在宅医療促進へ」
【2012.1.30 日経新聞記事より

 「在宅医療促進へ 2000拠点」】



2012.1.30の日経新聞の記事に、下記のような内容が掲載されていました。



~日本経済新聞より一部抜粋~

介護と一体厚労省が支援策
 
厚生労働省は2012年度から在宅での医療・介護への支援策を大幅に拡充する。
医療と介護サービスを一体提供するための連携拠点を2000カ所設けるほか、
深夜の往診などの報酬を上げ、医師らが積極的に取り組むように促す。
団塊世代の高齢化で病床が不足するため、病院依存からの脱却を進める狙いだ。
民間の介護事業者も在宅サービスへのシフトを加速する。

厚労省は12年度地域の在宅医療の核となる連携所点を現在の10倍の
約100に増やす。
在宅医療に積極的な病院や診療所などを拠点に選定。
ケアマネージャーの資格を持つ看護師など、医療と介護の両方に詳しいスタッフの
人件費を補助する。

(中略)

在宅医療・介護に積極的な医療機関や介護施設を増やすため、報酬面でも後押しする。
12年度は、診療報酬と介護報酬の6年に1度の同時改定に当たる。診療報酬改定では、
自宅で暮らす患者への訪問看護や病院から在宅医療に移る際の「退院支援計画」の
作成などに新たな報酬を設ける。

介護報酬改定では、24時間対応の訪問介護サービスを新設。
自宅に戻った後も必要な時は
施設を使えるよう訪問看護と短期の施設利用を組み合わせた定額サービスを始める。

(中略)

介護大手も在宅サービスの強化に動き始めた。
有料老人ホームなどを運営する施設介護大手
のメッセージは今春、在宅介護大手のジャパンケアサービスグループを子会社化する。
在宅介護の「やさしい手」は現在6か所の24時間訪問介護の拠点を3年後をめどに
20か所に増やす。12年度から医師の指示があれば介護士も「たんの吸引」が
できるようになるため、セントケア・ホールディングやニチイ学館は医療補助行為の
研修に力を入れる。








スポンサーサイト

テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

介護関連ニュース | 00:43:07 | トラックバック(0) | コメント(2)
2011年初開催 介護甲子園
【2011年初開催 介護甲子園】

今回は、このブログの読者の方からの投稿より

「介護甲子園」について書いてみたいと思います。

これは、本年より始まる行事です。



~先ずは概要を…(ホームページより抜粋)~

●日時…2011年11月27日(日)

●場所…日比谷公会堂(http://hibiya-kokaido.com/
      東京都千代田区日比谷公園1‐3

●参加事業所…約300事業所(予選あり)

●予選から決勝まで…1次、2次予選を通過し最終予選

●決勝進出選定基準…書類審査

●決勝進出事業所…5事業所

●日本一の決定方法…事業所活動VTRと各事業所の
              プレゼンテーションにより、
              『最も学びと気づきを与えた事業所』
              を来場者が当日投票を行う

●エントリー締め切り…2011年7月10日

●エントリー方法…ホームページの「参加エントリー」からエントリー
         http://www.j-care.or.jp/kaiko/entry_form.php

 


~大会の目的と理念(ホームページより抜粋)~

〈目的〉
参加事業所の優れた取り組みを、全体で共有し、
成長材料として今後のさらなる発展と学びの場としていただきます。

 また、学生、元介護職員、異業種の方々を中心に積極的に来場を促し、
情報提供を含め、介護職のすばらしさを再認識していただく気づきの場
としていただきます。

 このような取り組みには、個々の介護職の方々にこの仕事の誇りや
尊さを喚起することができ、事業所・地域の活性化、そして介護から
日本を元気にすることを目的としております。

〈理念〉
今までの日常社会においては、相手を負かすことが勝ち方の
基準であったと思います。

 しかし現在、介護業界は働いている職員が疲弊している
厳しい状況であり、求人をはじめ「人」の問題、社会的地位の問題、
制度の問題と多くの悩みを抱えています。

 解決するためには、業界全体の活性化が必要だと感じています。

 そのためには、参加事業所同士で切磋琢磨し(共に学び、共に成長し)
一緒に成果を出していく(共に克つ)こと、そして介護で働く人々が
誇りを持ち、働く人全てが輝けば、業界の活性化に繋がると考えます。
互いに学び合い、成長し合える、イベントにしていきます。





私は、このような大会は、介護業界全体の研鑽のために

大事な大会だと思います。

とかく、事業所だけの閉鎖的な空間の中で、

利用者さんや介護職員の気持ち上での「閉塞感」が、

生まれてきそうな中から、他の事業所が、

取り組んでいる工夫などを取り入れる事により、

その事業所が、活性化すると思うからです。



私は、この優勝(競う事)が目的にならず、

優勝するためにどんな工夫をして、どんな取り組みをしていったかの

過程が、介護では必要だと私は思います。



忘れてはならないのは、利用者さん、利用者さんのご家族、そして

介護従事者全てに対する「ホスピタリティー」だと思います。

*ホスピタリティー(Yahoo!辞書より)
 心のこもったおもてなし。手厚いもてなし。歓待。また、歓待の精神。



一度、介護甲子園のホームページをご覧になっては、いかがでしょうか?

 介護甲子園…http://www.j-care.or.jp/kaiko/

なお、参加などにあたり、詳しくホームページを読んでくださいね。








テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

介護関連ニュース | 10:56:24 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。