■カテゴリ(目次)
■検索フォーム

当ブログ内の検索にご利用ください ↓ ↓ ↓

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■プロフィール

ケアウェル

Author:ケアウェル
ようこそ、お越し下さいました!

◇取得資格◇
・ヘルパー2級、1級

・福祉住環境コーディネーター2級

・介護福祉士

・介護支援専門員
(ケアマネージャー:ケアマネ)

■↓ワンクリックよろしくです↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

人気ブログランキングへ

■おすすめの本

■リンク
■FC2カウンター

■フリーエリア

■介護用品を見てみよう!

「介護用品ってどんなのか見てみたい!」 という時に こちらをご覧いただくと役立ちます。↓

↑  ↑  ↑

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
平成24年度(2012)介護保険の動向
【平成24年度介護保険の動向】

このひと月体調を崩してしまい、記事を更新する事が出来ませんでした。

体調も、回復しつつあるので、また細々と介護ブログを続けていきたいと思います。

さて、今回の記事は「介護保険の動向」についてです。

今年の4月は、介護保険の大幅改定の年度にあたります。

本ブログでも度々お知らせしてきましたが、

改めて動向の全体図を知りたいと思い、色々と探していると

下記のサイトが見つかりました。

ザットした全体像をつかむには、良いサイトだと思いますので、

介護の仕事に従事されている方は、是非一読される事をお勧めします。



~厚生労働省老健局高齢者支援課~

 「介護保険制度う改正の動向について」








スポンサーサイト

テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

介護保険制度、内容、手続き | 13:53:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
介護サービス導入のタイミングについて
【介護サービス導入のタイミングについて】

最近、私の周りの人たちが体調を崩す事が多くなってきました。

今までは、介護職としてサービスを提供する側でしたが、

今度は、逆の立場でサービスを選び、導入し、利用する側になりつつあります。


しかし、いざ、自分(家族など)がサービスを導入しようと思った時に、

「さて、何から始めようか?」と立ち止まってしまいます。


そこで、今日はサービスを利用の導入について書いてみたいと思います。


[介護サービスの必要の可否]

介護保険を使ってサービスを受けたいと思っても、

介護認定を受けていなければ、サービスを受ける事が出来ません。

また、それ以前に、病気に罹り、体調を崩してそして、その予後(*)の

見極めが必要です。

例えば、脳梗塞で倒れ病院で入院・加療治療をして、

その後、麻痺が残ったりして生活に支障がある用の方は、

介護保険サービスの利用を検討する必要があります。

そんな時、相談に乗ってくれるのが

 ①医師、看護師

 ②病院のソーシャルワーカー

 ③地域の地域包括支援センター などです。


入院中ならば、①・②に相談し、病院にいる間に、

介護保険の手続きなどが出来ますし、

退院後ならば③の地域包括支援センターへ相談が必要です。

(但し、介護保険サービスを受ける際には、一定の条件があります)


しかし、全く麻痺なども残らず、普段の生活に戻る事が出来たのならば、

そもそも介護サービスは必要ありませんね。


*予後とは?
1 病気・手術などの経過または終末について、医学的に予測すること。
2 病気の治癒後の経過。






[介護の相談をするのはどこか?]

いざ、介護保険サービスが必要になった時に、

どのようにして、サービスを選択したらいいのでしょうか?

その窓口は「行政の窓口(高齢者の福祉課など)」と

「地域包括支援センター」です。

これらの窓口に行く事で、介護保険の概要を説明してくれますし、

サービスの種類も分かります。


しかし、介護保険サービスの利用を考えている方は、

相談へ行く前に、しておかなければならない事があります。

それは…

 ①現在、体はどんな状態か?そして、今後どんな状態になるよ予測されるか?

 ②自宅へ帰ったら、どんな事が困難になるか?(どんな事が出来か?出来ないか?)

 ③漠然とでも不安に思っている事


など、現在おかれている状況を整理しておく必要があります。

これをある程度まとめておくと、相談相手もスムーズに相談内容を理解して、

的確なアドバイスを受ける事が出来るからです。


また、直接でむ事が出来ないのならば、地域包括視線センターから、

担当者を派遣してもらう事も出来ます。


しかし、これらの人を上手く活用するためにも、相談者側もきちんと自分の状況を

把握し、相手に伝える努力をする必要があります。





[サービス提供事業者を選ぶには…]

例えば「ケアマネさんをお願いしたい。

だけど、どこの会社のケアマネさんが、評判が良いのか分からない?」

と言う方が多いと思います。

もちろん、ホームヘルパーさんやデイサービス先を選ぶときだって

同じ悩みが生じてくると思います。

そこで、活用したいのが地域の人の「口コミ」です。

自治体によっては、介護保険サービスを提供している事業者の

一覧表を冊子などで出している所もありますが、

そんな書類を見ても、どこが良いのか悪いのか分からないですよね。


そんな時は、ご近所や、かかりつけのお医者さんから聞くと、

実際にサービスを使っている方々の、ですので「ナマの声」が聞けますよ。

それと、地域包括支援センターは、ケアマネさんとのつながりが太いので、

良いケアマネさんを紹介してもらえる事だってありますよ。





こんな風に書いていますが、いざ、サービスを選ぶ段階になると

忙しく立ち回らなければなりません。

そこで、出来る事ならば、

普段から「どこのサービスが良い」や「評判の良いケアマネ」

を探しておくのも一つかもしれないですね。


私も、親とは離れて暮らしているので、帰省した時にはそんな情報を

仕入れようと、書いていておもいました。



[同ブログ内関連記事]

地域包括支援センターとは?


介護保険の利用

介護…最初の相談窓口







テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

介護保険制度、内容、手続き | 11:35:14 | トラックバック(0) | コメント(4)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。